システムインテグレータ

ベンチャー企業

システムインテグレータが指すのは、特定の企業です。システムエンジニアなどと違い、職業を意味する言葉ではありません。

システムインテグレータが指すのは「システムインテグレーション」を行う企業のこと。システムインテグレーションの詳しい内容については、またあとで詳しく説明しますが、システム開発における「上流作業」です。

主に情報システムや軍需産業で使われる呼び名です。システムインテグレータを略してSIerなんて言うこともあります。

システムインテグレータの仕事

それでは、システムインテグレータと呼ばれる企業がこなしている日々の業務を詳しく見ていきましょう。

システム開発における上流企業たるシステムインテグレータ(SI)の、詳しい業務内容とは?

戦略立案

顧客の話を聞いて、今どんな問題を抱えているのか、その問題を解決するにはどうすればいいのかを決めるフェースです。この時当てはまる顧客は、大手企業お抱えのシステムインテグレータなら、「親会社」となるので「親会社の抱える問題」となります。

要件定義

戦略立案で提示した問題解決を、この段階で詳しく定義します。

システムの詳しい仕様がこのフェーズで大部分決まってしまうため、要件定義は重要です。

設計

ここまでのフェーズで決まっているシステムの概要を、より詳しい形にするフェーズです。設計書という形でシステムを設計することが多いです。

開発・プログラミング

ここまで来ると、あとは実際にプログラミングで開発するだけです。システムにあったプログラミング言語でシステムを開発していきます。

テスト

開発したシステムを、問題なく動くかどうか「テスト」します。顧客の要望通りに動いているか、機能に不足はないか、このフェーズで洗い出します。

運用・保守

システムが完成して納品が済んでも、システムインテグレータの仕事はまだ終わっていません。そのシステムが顧客の元正常に稼働しているかどうか、サポートする必要があるのです。ときにはシステムインテグレータのエンジニアが客先に常駐するケースもあるくらいです。

システムインテグレータには3種類ある

一言で「システムインテグレータ」と言っても、システムインテグレータは詳しく3種類に分類できます。

まず、コンピュータなどハードウェアを販売する企業から独立したシステムインテグレータです。メーカーにおけるシステム開発部門のみが独立している体制が、まずこのメーカー系システムインテグレータです。

そして、大手企業から情報システム部門が独立した「ユーザー系」のシステムインテグレータもあります。さらに、どの企業にも属さない、最初からシステムインテグレータ事業を目指して設立されたのが「独立系」のシステムインテグレータです。

上記の他にもシステムインテグレータの線引は曖昧でまだまだ分流が難しい企業もありますが、多くのSIはこれらのどれかに当てはまるはずです。

システムインテグレータで働く上で必要な知識

システムインテグレータは、システム開発の設計から開発まですべて行う企業です。多くのエンジニアや予算が絡む仕事をこなすことになるため、多くのスキルが求められます。

システム開発のためにプログラミング技術の会得はもちろん、多くの人材を取りまとめるマネジメント、スケジュール管理能力も必要になってくるでしょう。

Excelの知識・技術も求められる

システムインテグレータはシステム開発の設計書作りなどでExcelを多く利用します。Excelの操作スキル・知識を持っておくと、後々の業務で苦労しないでしょう。

システムインテグレータの働く先の企業は多いです。その働く現場ごとに求められる知識・スキルを勉強することも大切です。

SEと何が違う?

システム開発の上流から担うと言えば、「システムエンジニア」が思い浮かぶ人も多いのでは。

しかし、システムエンジニアとシステムインテグレータはまったく違います。システムエンジニアが指すのは、「一人のエンジニア」です。そのエンジニアがどのポジションにいるか、それを指すのが「システムエンジニア」というポジション。

対してシステムインテグレータは、企業全体を指す言葉ですから、システムインテグレータの方が単純に広いです。システムインテグレータの中にシステムエンジニアがいる、という認識で間違いないでしょう。

システムインテグレータの需要

しかし、最近はソフトウェアやシステムの性能が向上したことで、システムインテグレータの需が少なくなっていると言われています。今後はシステム開発すべてを請け負うのではなく、システム開発における一部の業務を請け負うという形になっていくと思われます。

しかしIT分野の現場は、目覚ましい早さで移り変わりつつあります。システムインテグレータの働き方も、今後時代と共に変わっていくのかもしれませんよね。