女性SEの異業界転職は可能?難しい?

女性SE

最近多くなってきている「女性SE」。

別にSEは男の世界…なんて風潮があるわけではありませんが、男女の適性からか、SE業界は男性の割合がとても多いです。

全体数が少ないこともあり、見逃されがちな「女性SE」ですが、女性SEだって男性と同じく転職を考える場面があるはずです。今回は、女性SEが別業界へ転職を希望する時、何を考えておくべきなのか。そもそも女性SEの転職は不利なのか、どうなのか。その辺りの情報をみていきましょう。

SEは激務!転職を希望する女性多数

ご存知のことと思いますが、SEという仕事はとにかく「激務」です。

大企業の社内SEでもない限り、多くの仕事に追われて残業は当たり前。下流のSEならば、上流工程からの仕事が大量に流れてくるでしょう。

「納期までに成果を上げなくてはならない」という制限があるので、SEの仕事は時間に追われながら仕事することになってしまうのです。そのプレッシャーに耐えながらの仕事という側面もあり、女性人気が低いのかもしれません。

心身の衰えをきっかけに転職する女性も

SEの仕事を続けるうちに、いつのまにか身体を壊してしまい、やむなく退職、もしくは転職なんて話もよく聞きます。

別に女性に限った話ではないですが、現在転職を考えている女性SEの中には、「心身の問題」が原因という女性も多いのでは。

女性は退職・転職のタイミングが多い

女性は、男性よりも人生におけるステージ変化のタイミングが多いです。

例えば結婚、その後の出産。それぞれのタイミングで、SEとしての勤務を続けられなくなることも多いでしょう。

そしてSEという仕事は、復帰が難しい仕事でもあります。SEの開発業務は、一度その仕事から離れてしまうと、再び復帰が難しいです。しばらく開発から離れている間に、開発スキームなどに大きな変化が起こっている可能性も高いからです。

そのため、ライフステージの変更を機に、SEから離れてしまう人も多いのが実情です。

業界を選ばなければ女性SEの転職はむしろ有利

冒頭でも言ったとおり、女性SEの転職はそれほど難しいものではありません。

ITの知識があり、システム開発技術もあり、開発の上流工程を取りまとめた経験などがあれば、どこにいっても仕事で困ることはないでしょう。

そのスキル、経験を活かして、自分の働きやすい業界に転職してください。

IT知識がある女性の存在は他業界でニーズが強い

社会には、「女性は機械に弱い」という先入観があります。そして、実際にあまり機械は得意ではない…という女性が多いのも事実です。

そのため、女性が多く働く現場、例えばコールセンターなんかでは、機械的なサポート職員が専属でついているほどです。

その現場に、「IT知識がある」女性社員が入ってきたなら、一気に有望株として大活躍間違いなしです。狙い目は、女性が多く活躍している職場です。そこでなら、他現場より自分のIT技術を活かして働けるはず。

女性SEの転職は30代でも可能

IT業界での転職は、他業界に増して「スキル至上主義」の世界です。

ITの開発業界は、SEとして開発からプロジェクトを取りまとめるスキルのある、有力な人材ならば、たとえ30代でも引く手あまたになる世界です。

確かに、20代の若者のほうが転職業界では有利。しかしそれは、「これから育てて戦力にしよう」という思いがあるからです。

しかし、即戦力を求めている会社への転職ならば、むしろ過去スキルを蓄えてきた30代のエンジニアがより求めているはず。30代だというだけで転職できなくなるということは、絶対にないということですね。

過去のスキルを活かした転職ならそれほど苦労しないかも

他業界への転職で、あまり苦労したくない女性は、「SEからあまり離れない仕事への転職」を希望すれば良いかもしれません。

働きやすいIT業界での働き方、例えばサポートエンジニアや、ITインストラクターなど、自分のペースで働ける仕事への転職ならば実際に働き始めても無理なく働けるかもしれません。

SEに戻ってくる女性も?

一時は完全に別業界へ出ていってしまった女性も、別業界の仕事が合わず、住み慣れたSE業界へ戻ってくる女性も少なくありません。

しかしまたSEに戻ってくるとしても、以前より働きやすいSEになるよう、転職エージェントとしっかり相談してくださいね。→レバテックキャリア

まとめ

女性SEが他業界へ転職する場合について考えてみました。

女性SEだって、男性SEと同じく、様々なタイミングで転職を考えるものです。女性SEは、働く業界、働き方さえ選ばなければ、転職自体に苦労することもないでしょう。

IT技術に明るい女性の存在は、あらゆる業界で求められているからです。

落ち着いてしっかり、エージェントと相談しながら転職活動を進めてください。