マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就活生の80%が利用しているという、かのマイナビが運営している転職エージェント。

リクルートエージェントやDODAなどと比べると、少し出遅れている感がいなめないエージェントですが、さすがその大きな規模の企業だからこそのサポートには定評があります。

35年もの期間経営した会社だからこそのブランド力、そして就職にまつわるノウハウ…他のエージェントとは違う強みを活かして、あなたの転職をアシストします。

総合評価
就職最大手「マイナビ」の転職エージェント。きめ細かやかで行き届いたキャリアサポートはさすがマイナビ!
アドバイザー
サポート
求人数

転職エージェントとしての規模はそれほど大きくない

マイナビエージェントは、他の転職エージェントと比べると、後発のエージェントです。

IT転職エージェント界最大手の「リクルートエージェント」と比べると、エージェントの規模は少し見劣りするのも事実。求人数も比較的少ないと言えるほどです。

しかしマイナビエージェントの求人は、他のエージェントには無い、「独占求人」が多いのも事実。これは、35年もの歴史を誇る会社規模の大きさゆえでしょう。

求人数こそ多くないが、丁寧なサポートを得られる

マイナビエージェントの求人数は確かに、多くはありません。しかし、転職エージェントの良し悪しを決めるのは、「求人数の多さ」ではありません。エージェントの質を決めるのは、「サポートの充実」です。

マイナビエージェントの求人数こそ多くないものの、登録者一人一人に行き届いたサービスが得られると話題です。その要因も、マイナビエージェントの規模がそれほど大きくなく、登録者も他社と比べると「少なめ」であることに起因します。

現在進行系で成長している転職エージェント

マイナビエージェントは、だんだんと利用者が増えており、その経営規模も大きくなりつつある「成長途中の転職エージェント」だと言えます。

確かに最大手のエージェントと比べると、「万全のサポート体制」では無いかもしれません。ですが、成長しきったエージェントとは違うサービスが、マイナビエージェントにはあります。

書類通過実績50%

マイナビエージェントで紹介された案件は、「書類通過実績が50%」という結果も出ています。書類通過実績は、他のエージェントでは25%なんてこともザラ。50%もの高い書類通過実績の理由はやはり、「エージェントのサポートが丁寧」であることに起因するでしょう。

利用者にピッタリの求人を紹介する。そして求人に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方のレクチャー、面接のレクチャーなど、手厚いサポートあっての、高い実績でしょう。

カバーしている分野が広い

マイナビエージェントのもう一つの特徴は、エージェントのカバーしている分野が広いという点です。

さすが就職業界大手のマイナビといったところでしょうか。または、マイナビ側が特化した求人情報を公開する他社との、差別化を図ったのかもしれません。

第二新卒向けの別サービスも

若年層の転職サポートが得意なマイナビエージェントですが、第二新卒向けに特化した転職エージェントサービスを立ち上げました。それが「マイナビジョブ20’s」です。

登録や利用はマイナビエージェントと同じです。サイトから登録することで、エージェントとの面談があり、相談しながら転職活動を進めていくことになります。
少し違うのは、利用者が第二新卒に限られているという点のみ。

20代30代向け求人に強い

マイナビエージェントの他にない強みはここです。「20代30代の若い転職希望者のサポートが得意」であるということ。

20代30代のキャリアアップ目的などの、「初めての転職希望者」を的確にサポートします。また、そんな若い転職希望者にピッタリの求人案件も多数揃っています。

初めての転職活動は、わからないこと、不安なことなどが多いでしょう。マイナビエージェントには、その転職活動の成功率が上がるノウハウがあります。

キャリアアドバイザーの年齢も若い

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーと話した人の口コミを見ると、「キャリアアドバイザーが若い」という意見が多く見られました。

若い転職希望者でないなら、若いキャリアアドバイザーの転職サポートは不安かもしれません。ですがこれが、転職経験の浅い人ならば、同年代のキャリアアドバイザーは相談しやすく、安心と言えるのではないでしょうか。

日曜のアドバイザーの転職相談は受け付けていない

転職エージェントは仕事で忙しくて、転職活動に本腰を入れることができない人向けのサービス。仕事外のエージェント対応が可能かどうか、そこがミソになります。

しかしマイナビエージェントは、土曜の面談には対応しているものの「日曜の面談は対応していない」のが事実。ここが決め手でマイナビエージェントを選ばない人がいるのではないか、というくらいに結構致命的だと思っているのですが…。

ハイクラス求人に弱い

若年層向けの求人と転職サポートに強いということは、その逆も言えるということ。

40代、50代の転職希望者は、「高い年収」「責任ある仕事」を求めています。マイナビエージェントは、そんな「ハイクラス向けの転職サポート」に弱いという側面があります。

ハイクラス向けの求人情報が知りたい方には、「ビズリーチ」などのエージェント利用がおすすめです。

マイナビエージェントの拠点は3つ

マイナビエージェントの拠点は全国に3つあります。具体的に言うと、

  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪
  • この3都市です。マイナビエージェントの支社は本州の都市部3つにしかないということは、これ以外の地域への転職は弱いということですね。また、地方から都市部への転職の場合も、「エージェントとの面談」を行う上で、拠点が現住所より遠いのは不都合ですよね。

    他エージェントとの併用がおすすめ

    マイナビエージェントは確かに他エージェントより優れた点があるのも確かです。

    若年層の転職希望者などに強い点は他のエージェントより優れている点だと言ってよいでしょう。しかし、求人数が少ないこと、日曜日の面談に対応していないことなど弱みがあるのも確か。

    ですから、実際に転職を行う際は、どこか大手のエージェントとマイナビエージェントを併用して利用しましょう。
    それなら、お互いの強みを活かしつつ、弱みを補い合うこともできるでしょう。

    マイナビエージェント総評

    他エージェントと比べると後発のエージェントであるマイナビエージェント。規模の小さい転職エージェントであるがゆえ、求人数が少ないなどの欠点があります。ですが、「若年層の転職に強い」「独占求人が多い」など、マイナビエージェントならではの強みがあるのも確か。

    いくつかの転職エージェントと併用して、マイナビエージェントを使うことにしましょう。

    口コミ

    年齢 32 前職 PG
    キャリアアップしたくて、転職エージェントに登録しました。エンジニアという仕事なので、どうしても転職活動に割ける時間が短くなってしまいます。その忙しさをなんとかエージェントに埋めてほしかったのですが…。マイナビエージェントさんは、日曜日の面談に対応していないということで、けっこう「動きづらい」印象を受けてしまいました。アドバイザーの方も、どうやら私より若い方のようで、なんだか頼りないというのが正直な印象です。
    年齢 25 前職 PG
    前職より良い労働環境で働くために転職を決意しました。エージェントの方がとても気さくな方で、友達感覚で相談することができたので、とてもやりやすかったです。あっという間に転職が決まったのも、アドバイザーの方の的確なアドバイスがあってこそだと思っています。