【保存版】SEから異業種へ!転職しやすい職種とは?

高額収入・残業が多いなどの特徴がある『SE(システムエンジニア)』は、転職を考える人が多い傾向にあります。異業種へ転職すれば環境を大きく変えることができ、今までとは違ったやりがいを感じられるでしょう。今回はSEが異業種へ転職する方法や、就きやすい職種を紹介するので転職を検討している人は是非参考にしてください。

システムエンジニアが転職を考える主な理由

SEは高額な年収の企業が非常に多いため、収入に不満を抱いて転職する人は少ないです。「残業が多くて大変」「休日が取れない」といった、勤務体制に関する悩みをきっかけに転職する人が多く見られます。業務遂行に必要な知識や技術を維持できなくなった場合に、転職する人も増加しています。年齢を重ねるにつれて記憶力は誰しも低下するものです。50代で転職するのは非常に難しいので30~40代で記憶力に不安を覚えた時、早めに転職するのが主流となります。
就職後のギャップで転職する人が多いのも、SEの特徴です。「SEはメインがパソコン作業」とイメージしている人が多いものの、実は頻繁に対人業務のある職種と言えるでしょう。コミュニケーション能力が必要不可欠となるため、適性不一致によって就職後すぐに異業種へ転職する人が続出しています。就職前に業種や職種について正しく理解することが大切です。
SEやIT業界に向いていないと感じる人は異業種、現在働いている企業に不満がある場合は別の企業へ転職すると良いかもしれません。このように転職理由を考えることで、転職活動の方針を決めることができます。

異業種へ転職するメリット

転職をする際、主に3つの方法があります。1つ目はSEは辞めずに別の企業へ転職する方法です。これまでの経験を生かすことができるので、転職後はスムーズに企業に馴染むことができます。
2つ目はフリーランスとしてSEを続けることです。企業である程度実績を積んでから、フリーランスで活躍しているSEは数多く存在します。自分の考える方針に合わせて仕事を獲得し、業務を遂行できるので自由度が高いです。実力があれば社員時代より高額な収入を得ることも夢ではありません。
そして3つ目の方法が、異業種へ転職することです。SEとは全く違った環境で働けるため、これまでの悩みを一気に解消できる可能性があります。新たな知識や技術を習得すれば、自分のスキルアップにも繋がります。転職先が異業種の場合、自分に合った職種を選ぶことが非常に重要なポイントです。

SEが転職しやすい職種その1:これまでのスキルを活かしてWEB業界へ

SEはシステム開発における高度な専門知識を持っているので、企業側からの需要は非常に高いです。現在はインターネット技術が急速に進化し、インターネットに関する知識が豊富なSEは異業種であっても転職できる可能性は十分にあります。
特にSEから転職しやすいのは『Web業界の職種』です。プログラミングの知識があれば需要が高く、これまでの知識を生かして働くことができます。SEはシステムの質を考えて仕事を行う職種ですが、Web業界はスピードを重視しています。1人でサービスの企画・プログラミング・改善を行っていくので、自分の考えていることを実現しやすいです。また、スピーディーに案件をこなしていくため多くの経験ができ、やりがいを感じることにも繋がります。1人で業務を遂行すれば複雑な人間関係に悩まずに済むことも、Web業界へ転職するメリットです。

SEが転職しやすい職種その2:全く違う職種へ挑戦!

Web業界や社内SEではなく、業務内容が全く違う職種へ転職する方法もあります。これまでとは全く違う職場・人間関係・生活サイクルとなる可能性があるため、事前に転職先の正しい知識を理解することが大切です。
深刻な人材不足が問題になっている保育士・介護福祉士は男女年齢問わず、転職しやすい職種となります。資格を取得した方が良い条件で働けるので、資格取得の勉強をすると良いかもしれません。保育士や介護福祉士の資格取得には一般的に1年以上かかるため、SEを辞める前に資格勉強をして転職するのが最適です。飲食店・タクシーやトラックのドライバーなど、人材不足の業界は転職しやすい傾向にあります。

転職活動を始める前に!転職先を選ぶコツ

転職先を選ぶ際、ポイントが主に3つあります。1つ目は自分のやりたいことができる企業を選ぶことです。興味のある職種や業界で働けば仕事のやりがいを感じ、楽しみながら業務を遂行できます。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように自分の好きなものに対しては、積極的に追求する人が多いです。モチベーションアップにも繋がるポイントなので、重視した方が良いでしょう。
2つ目は価値観の理解できる職場にすることです。SEはシステム開発、メーカーは商品を作る、カスタマーサポートセンターはお客様の疑問を解決するなど企業や業界によって重視している価値観が異なります。例えば自分の能力が評価されることに喜びを感じる場合は、人のために仕事をするカスタマーサポートセンターや介護福祉士は向いていないかもしれません。Webやマスコミなどクリエイティブな業界であれば、自分の能力を発揮して働くことができます。逆に人の役に立つことに価値観を見出している人は、介護福祉士など人に尽くす職種が最適です。自分と業界の価値観がマッチしていないと適性不一致を起こしやすいので、事前に確認する必要があります。
3つ目はブラック企業かチェックすることです。給料・勤務体制などを確認するのは勿論ですが、インターネットを使って企業の評価を知ることが重要となります。ブラック企業なら悪い口コミが掲載されている可能性があり、事前に確認すればブラック企業に引っ掛かるリスクを回避できます。

転職活動を始める前に!転職先を選ぶコツ

転職先を選ぶ際、ポイントが主に3つあります。1つ目は自分のやりたいことができる企業を選ぶことです。興味のある職種や業界で働けば仕事のやりがいを感じ、楽しみながら業務を遂行できます。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように自分の好きなものに対しては、積極的に追求する人が多いです。モチベーションアップにも繋がるポイントなので、重視した方が良いでしょう。
2つ目は価値観の理解できる職場にすることです。SEはシステム開発、メーカーは商品を作る、カスタマーサポートセンターはお客様の疑問を解決するなど企業や業界によって重視している価値観が異なります。例えば自分の能力が評価されることに喜びを感じる場合は、人のために仕事をするカスタマーサポートセンターや介護福祉士は向いていないかもしれません。Webやマスコミなどクリエイティブな業界であれば、自分の能力を発揮して働くことができます。逆に人の役に立つことに価値観を見出している人は、介護福祉士など人に尽くす職種が最適です。自分と業界の価値観がマッチしていないと適性不一致を起こしやすいので、事前に確認する必要があります。
3つ目はブラック企業かチェックすることです。給料・勤務体制などを確認するのは勿論ですが、インターネットを使って企業の評価を知ることが重要となります。ブラック企業なら悪い口コミが掲載されている可能性があり、事前に確認すればブラック企業に引っ掛かるリスクを回避できます。

転職には「転職エージェント」への登録がおすすめ

SEから転職する際、転職サイトだけではなく『転職エージェント』へ登録すると効率良く活動できます。転職サイトは自分で職種を探す必要があり、転職エージェントは専門スタッフが自分に合った職種を紹介してくれるのが大きな違いです。活動に対する客観的なアドバイスをしてくれるので、改善しながら就職先を探すことができます。企業が少人数だけ採用したい時は一般的なサイトへ求人広告を掲載せず、転職エージェントの登録者から人材を探すこともあります。好条件の求人もあるため、登録しておいた方が良いでしょう。
転職サイトを利用する際は『非公開求人』を積極的に活用してください。先程と同じように求人広告ではなく、企業側から適性度の高い人に直接オファーが来るものを非公開求人と言います。競争率の低い求人となるため、転職できる可能性が高いです。

SEから異業種へ転職する方法/まとめ

SEは勤務体制を理由に転職を考える人が多く、環境を大きく変えたい場合は異業種を選ぶと良いかもしれません。Web業界や社内SEはこれまでのスキルを生かして働くことができ、適性不一致のリスクが低いです。全く違う職種であれば保育士・介護福祉士など、人材不足の業界が狙い目と言えるでしょう。高度なスキルを持っているSEは企業側からの需要が非常に高く、転職しやすいです。失敗しないためには企業や業界を十分に研究してから転職する必要があります。転職エージェントや非公開求人を上手く使って、自分に合った企業を見つけることが転職活動成功への近道です。