将来性のあるSEとお先真っ暗なSEを分かつもの

悩むSE

「このまま仕事していても、果たして将来性があるのか」
「今後自分はどうなってしまうのか」

そんな心配を抱えて日々生きているSEも少なくないはず。SEの将来性を決めるもの、それは「スキル」です。スキルのあるSEは今後あらゆるIT業界の変様にも対応できます。

SEという仕事自体には、確かに今後も一貫して仕事が無くなるという場面は少ないかもしれません。システム開発を行う場面は、この国において今後ずっと無くならないであろうと思われるからです。

「SEには将来性があるか?」という問を考えた時、その答えは「将来性のあるSEもいれば、お先真っ暗なSEも多い」というのが正解になります。

SEは将来性の無い仕事か

SEの仕事に将来性がないとよく言われるその理由から考えてみましょう。「SEの仕事は好きだけど、将来性がないからダメだ」と思われる所以は、「何もせずに歳を重ねた人の声が大きいから」にほかなりません。

実はSEという仕事自体には高い需要もあり、将来性のない仕事だとは言えません。なのにこれほど将来性を嘆かれるのは、「気づいたら将来性を手放してしまっていた」人たちが呪詛の言葉を吐いているからです。

SEは35歳が限界なのか

よく「SEは35歳が限界」だと言われます。

それはなぜかというと、「35歳まで働いていると若手社員に仕事が流れる」「システム開発に体力がついてこない」「新しい技術を学ぶ熱意がない」などの理由が挙げられます。

そしてこれらすべて、「自分のがんばりでどうにでもなる問題」です。大切なのは、早い段階で、将来のために動き出すことにほかなりません。

どんなSEに将来性が無いのか

ではもっと具体的に、将来性のないSEの特徴も調べてみることにしましょう。

自分がここで挙げる特徴に当てはまっているなら、どうにか克服する方向に動き出すことにしましょう。

下請けSIerで仕事しているSE

典型的な、「お先真っ暗なSE」が、この下請けSIerで働くSEです。

こういった下請けSEは、もはやIT系の派遣会社です。安い給料で客先に常駐して仕事するため、過酷な労働環境で働くことが多いです。しかも問題なのは、同じような仕事をずっとさせられるということ。

しかもSIerに仕事を任せる企業側も、「歳を重ねたSE」と「若手のSE」ならば、後者を選ぶ場合が多いです。「単価を安く仕事させることができる」からです。そして体力もあり、文句も言わない。

このように下請けSIerでは、歳を重ねるごとに居場所がなくなっていくため、どんどん労働環境が悪くなっていきます。

Excelばっかり触っているSE

あなたが普段仕事で、サービスの立案やコード制作ではなく、Excelにドキュメントばかり作っているならば、かなり危ないです。そんな誰でもできる雑用をこなすSEには、将来性がまったくないからです。

今後システム開発を中心に仕事していきたいのか、管理業務を中心に仕事したいのか、自分の中でもしっかり考えておきましょう。そしてそのスキルを仕事の中で得られないようなら、思い切って転職してしまったほうが良いでしょう。

SEの将来性を決めるのは「持っているスキル」

そのSEが今後もしっかり仕事できるかを決めるのは、「持っているスキル」がそれを決めます。

35歳だろうが何歳だろうが、有無を言わせないプログラミングスキルがあれば、その後も一流のプレイヤーとしてずっと働くことができるでしょう。

管理職だったとしても、プロジェクトを成功に導くマネジメントスキルがあれば、どの企業にとっても価値ある人材として扱われるでしょう。

独学でスキルを学ぶか

「将来性に導くスキル」を手にするには、仕事外で自由な時間をプログラミングなどの勉強にあてるべきかもしれません。

それだけでなく、もっと意識の高いエンジニアならセミナーにも顔を出します。それほどの熱意があるSEならば、「将来性」について心配する必要などないでしょう。

日々の仕事でスキルを得られる仕事に就くか

とはいえ、自由な時間に勉強するのが難しいSEも多いでしょう。システム開発業務で日々残業に追われるエンジニアも少なくないからです。

そうしたSEは、日々の仕事の中でスキルが手に入る企業に転職するしかありません。管理職への道が開けた大企業のSEへの転職。またはプログラミングに集中できる、プレイヤーとしてのキャリアプランがしっかりした企業への転職など、とにかく自分の将来を考えられる企業へ転職するのがおすすめです。

現在のSIerに働いていていいのか?考えてみましょう

今自分は、将来のために働くことができる環境にいるか。5年後10年後を考えた時、自分は今のままでも幸せになれそうか。もう一度考えてみる必要があります。

そのためには、「自分がどうなりたいか」という理想像も考える必要があります。そしてこうした自分の将来を考えるタイミングは、少しでも若い時分にやっておくべきです。