ビズリーチ

ビズリーチ
総合評価
業界No.2の転職エージェント!豊富な求人数、若年層に強いキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を助けます!
アドバイザー
サポート
求人数

テレビCMでもお馴染みの「ビズリーチ」。

同名の会社が運営する、ハイクラス向けのIT転職エージェントです。提携した会社の数は5000社以上と多く、過去の利用者実績を見ても文句なしの、日本を代表する転職エージェントです。

ビズリーチ内の一部サービスは、転職エージェントには珍しく、「有料」となっています。

もしあなたが、「高収入」など、ハイクラスの転職を考えているならぜひビズリーチを活用した転職を行ってみてください。

ビズリーチにはハイエンド層の求人が集まる

ビズリーチの他と決定的に違うポイント、それは「年収の高いハイクラスな求人情報が集まる」ということです。

転職する人のほとんどが、「今より良い条件で働きたい」と思い、転職活動をはじめるものです。

ビズリーチなら、特にそんな「ハイクラスの求人情報」を求めている方のニーズにピッタリ合うのです。

750万円以上の年収をもらえる求人情報多数

ビズリーチは、以前より知名度が上がりブランド感が増したこともあり、「年収750万円以上」などのかなり好条件求人が多いです。

現在の状況が、「自分のスキルと今の仕事、そして会社からの評価」がすべてマッチしてないと思ってる方は、ビズリーチを使ってみては?

採用されるまでには一苦労?

それだけハイクラスな求人は、当然求められるスキルや経験も多く、その会社で採用されるまでに苦労が伴います。

若者向けの求人には、「若さ」があればたとえ未経験でも採用されるケースがあるものの、ハイクラスな求人ならそうもいかない場合が多いです。

若者にはあまり向いていない

ビズリーチを主に使うのは、30代、40代なので、20代などの若者の転職なら、別の転職エージェントを利用するほうがその転職を滞りなく進めることが出来るはず。

ある程度年齢がかさんでおり、それ相応のスキルと経験がある…という自信がある方が、ビズリーチを使った方が良いでしょう。

専門スキルが無いと転職は厳しいか

ハイクラスの求人で採用までこぎつけるには、そのハイクラス求人に見合っただけの「専門スキル」や「過去の経験」を求めらます。

そうしたスキルや経験を表明するには、面接でのアピールや、「職務経歴書」もいいでしょうが、やはり「資格」を持っているのが強いです。

資格を持っているという肩書には、有無を言わさないだけの力があるのです。そして、その資格が何もない状況では、条件の良い職場への転職は難しいと思ってください。

ビズリーチには「有料サービス」と「無料サービス」がある

ビズリーチは、転職エージェントには珍しく、利用するのにお金がかかるサービスがあります。

全サービス無料で利用可能、という転職エージェントが多い中、これは珍しいですよね。有料会員にもクラスがあり、一番高級な「ハイクラス会員」なら、月に4980円の会費がかかってしまいます。

これだけの会費がかかる有料サービス、いったいどんな内容なのでしょうか。

有料サービスでできること

お金をかけて、有料サービスで提供されるのは、どんな内容のサービスなのでしょうか。

有料サービスでは、ヘッドハンターからのプラチナスカウトメール、スカウト、企業からのスカウトメール、すべてに返信、応募が可能になります。

そしてそもそも、企業の求人情報への応募は、有料会員でないと不可能です。

無料でもできること

無料会員の場合は、ヘッドハンターから届いた、「プラチナスカウトメール」への返信と応募が可能です。

さらにビズリーチに掲載されている求人情報の閲覧、さらにヘッドハンターの情報も閲覧することが可能です。しかし無料会員のままでは、求人情報を見るだけで、応募することはできません。

しかしスカウトメールはきて、求人情報も見ることが出来るということで、「良いスカウト、いい情報があった時点で課金して有料アカウントにする」なんてこともできますよね。

以前はビズリーチへの有料課金必須だった

以前は、ビズリーチへ登録するだけで、月5000円のお金を請求されていました。

どのサービスを利用するにも、登録するだけでお金が取られていた時代と比べると、ビズリーチの利用はかなり気軽になったと言えるでしょう。

他エージェントにはない「ヘッドハント」がある

ビズリーチには、他転職エージェントには無い「ヘッドハント」があります。これは外部の転職コンサルタントが「ヘッドハンター」となって、登録者の情報が提携企業の求人と見合ったものなら、「スカウト」します。

このヘッドハンターは、ビズリーチのコンサルタントとは違い、外部の人材紹介会社の社員です。

だからこそ、かなり幅広い分野から、多くのスカウトが届くでしょう。

ヘッドハンターの質はピンキリ

ヘッドハンターは外部の人間、このヘッドハンターの質は、ビズリーチの預かり知るところではありません。

この「質の悪いヘッドハンター」とぶつかってしまっては最悪です。転職活動が失敗に終わってしまう危険性すらあります。

有料なヘッドハンターを見分けるためのコツとしては、ビズリーチが主催する「ヘッドハンター大賞」を受賞しているかどうかを基点に選んでみてはいかがでしょう。

企業からのスカウトとヘットハンターからのスカウトを待てる

ビズリーチの良いところは、ヘッドハンターからだけでなく、企業から直接スカウト、またはこちらかの応募も可能という「自由度の高さ」です。

自分の転職活動にあてる期間、今後のキャリアなどに合わせて、ピッタリのスタイルで転職活動を進めることができるのです。

つまり、こちらから進んで企業に応募せずとも、企業から直接、またはヘッドハンターからのスカウトをじっくり待つ転職活動が可能なのです。

中・長期の転職活動に最適

じっくり企業やヘッドハンターのスカウトを待つ転職活動には、どうしても長い時間がかかります。

「明日にもすぐに転職したい」

なんて方には、ビズリーチを使った転職は向いていないかもしれません。

ビズリーチ:総評

ビズリーチは、他転職エージェントとも違う、「ハイクラス向けの求人情報」が集まる転職エージェント。

今の職場より良い環境で働きたいと思っている方にこそ、ビズリーチはピッタリです。

ビズリーチは、企業からの直接スカウトや、人材紹介会社のヘッドハンターからスカウトを受けて、そのスカウトへの応募が可能です。スカウト、または掲載された求人情報への応募は月額でお金がかかってしまいますが、自分でじっくりと情報を見極めた上で課金も可能です。

口コミ

ワークマン(男性/SE/30代) 投稿日:2017/07/18
テレビCMでも話題のビズリーチに応募してみました。転職の理由は、現在の会社の私への評価が、働きに見合っていないと感じたからです。転職自体に焦っていたわけではないので、登録してじっくりスカウトを待ってみました。すると、ヘッドハンターからのスカウトがあり、情報を見てみると、その情報がとても魅力的!こりゃーすごいな。やっぱりテレビCMでブランド感が増したのか、俺の実力か…と思いながら、その情報に申込んだのが昨日のこと。とにかく、ヘッドハンターと向こうの会社の話も聞いてみようと思っています。