用語解説一覧

エンジニアに役立つIT用語を解説しているカテゴリーです。

SIerとは?

SIerの基本的な説明を行っている記事です。混同されがちな、SEとSIerの違いについても、しっかりとその違いを説明しています。

インタプリタとコンパイラ

インタプリタとコンパイラはそれぞれ違う「プログラミング言語の方式」です。どちらが良い悪いではなく、それぞれの違いをしっかり理解しておいて、必要に応じて使い分ける必要があります。

ミドルウェアエンジニア

ミドルウェアエンジニアは、近年需要が高まっている「ミドルウェア」の環境を整えるエンジニアのことです。ミドルウェアエンジニアにはOSとソフトウェアの両面から開発する知識の求められる難しい仕事です。

ITインストラクター

IT知識を人や企業に教えるのが仕事のITインストラクター。ITインストラクターの需要な常に高まっており、その需要が無くなることもありません。

サポートエンジニア

システムやIT製品利用中のユーザーが起こした問題、トラブルを解決する、解決するのを手伝うのがサポートエンジニアの仕事。サポートエンジニアが働く企業により、サポートする相手、サポートする内容は変わります。

フローチャートとは

フローチャートとは、プログラムの処理内容を記号を用いて説明した図のこと。フローチャートを事前に書いておけば、プログラミングの作業効率もさらに上げることができます。

ITコンサルタント

ITの切り口から、経営課題を抜本的に改善する仕事。それがITコンサルタントの仕事です。ソフトウェア開発、プロジェクトマネジメントなど、広い分野の知識と経験が求められる仕事でもあります。

NO IMAGE

プログラム

プログラムは、人間がコンピュータに出す「指示書」です。どんなプログラムを作るかで、利用するプログラミング言語の種類も変わります。

フラグ

フラグとは、プログラミングに特定のデータを入れて、そのデータで後の処理を決定づけるもの。そこから転じて、フィクションでストーリーの展開を決定づける主人公の行動などを指す際にも使われます。

ビット演算

ビット演算とは、「ビットの塊」単位で論理演算を行うめの演算操作のことです。 ビット演算を用いることで、乗除算では幾重にも重なった処理に...

バッファ

バッファとは、「緩衝材」という意味で、広く使われている言葉です。バッファを利用したセキュリティホールがあるなど、その言葉の意味する分野は広いです。

トラフィックとは

トラフィックとは、ネットワークの通信量を意味する言葉。トラフィックが高まるということは、それだけ多くのデータのやり取りが行われているということです。

インターフェース

インターフェースとは、何かと何かをつなぐ境界線を指す言葉です。ハードウェア、ソフトウェアなど、使われる場面で意味合いがまったく変わってしまいます。

デバッグ

デバッグとは、プログラムの不具合を見つけて、その不具合を修正する作業のこと。デバッグが無事終わらないと、ソフトウェア開発は終わりません。急がば回れの意識で、確実にデバッグを進めていきましょう。

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは、コンピュータをコンピュータたらしめるもの。コンピュータにとって人格や魂という位置づけのものです。オペレーションシステムソフトウェア、アプリケーションシステムソフトウェアなど、ソフトウェアの種類も多岐に渡ります。

ソースコードとは

ソースコードとは、コンピュータのために書かれた「設計書」です。プログラミング言語で書かれて、コンパイラでコンパイルされることで、コンピュータが読める形になります。

静的スコープ

スコープにおいて、プログラミングの時点でスコープチェーンが決まってしまうものを、静的スコープといいます。静的スコープの対義語には動的スコープがあります。

スパゲッティプログラムとは

スパゲッティプログラムとは、スパゲッティのように入り組んでおり複雑なコード、そしてプログラムのことです。ソースコードはシンプルで可読性の高いものが良いとされています。

オーバーフロー

オーバーフローとは、プログラムやコンピュータなどの処理可能変数を超えた変数を指定して、「溢れてしまう」状態を指します。