医療業界のSEへ転職するには

PCを触る医者

現在、医療業界とIT技術は切っては離せません。

あらゆる分野の治療において、IT技術が使われており、日夜開発も進められています。日に日にITと医療機関の関わりは強まっており、その関わりが強まるのに比例して、SEの求人ニーズも高くなっています。

そのため、SIerなど企業向けシステム開発から、医療系システム開発分野への転職を考える方が多くなってきています。人の命に関わる「医療」分野のSEとなるためには、どんな手順で転職を進めれば良いのか。そして、医療系SEはどんなスキルが求められいるのか。

今回は、医療業界のSEに転職するまでの流れをみていきましょう。

医療業界のSEはどんな仕事をするのか

ざっくりと、医療業界のSEと言っても、その仕事内容はどんなものなのか。医療系SEの業務内容からみていきましょう。

医療系システム開発なのか病院の社内SEなのか

医療系SEの仕事内容は、働く環境によってまったく異なります。

働く企業が、医療系システムを開発する企業ならば、以前働いていたところと同じく「システム開発」を行うことになるでしょう。例えば、医療系システム開発で高いシェアを誇る富士フイルムグループでの勤務ならば、「診療支援統合システムYahgeeの導入」など、システム導入からテスト、運用まで請け負います。

大して、病院内の社内SEならば、社内のシステムトラブル対応などが主な仕事となります。医療関係従事者はPC操作が不得意な人が多いですから、そうした人たちのサポートが主な業務となるでしょう。

医療系SEはどんなスキルが求められるのか

他の業界とは少し違う「医療業界」でSEとして働くためには、どんな流れで、どんなスキルを活かしながら仕事していけばいいのか。それを調べてみましょう。

医療業界の専門知識が必要

医療業界でSEになりたいならば、医療業界特有の「専門知識」を持っていることが必須条件となります。

また、どのように医者や看護師が治療を続けているのか、その「ワークフロー」に関して知っておくべきでしょう。どんな手順で患者を治療するのか。そうしたフローについて知っておかないと、IT分野からのサポートもできなくなってしまいます。

医療系SEは今後どうなっていくのか

医療業界でSEとして働いているエンジニア達は、今後も医療業界で働き続けることができるのか。

医療系SEの今後という観点から、様々な情報をみていきたいと思います。

医療業界SEの待遇は良いのか

そもそも、医療業界で働くSEの待遇は他業界とくらべて良いのか。SEの待遇から調べていきましょう。

と言っても、働いているSEの待遇は、ひとえに良い悪いで判別することができません。なぜなら、働いている環境でまったく変わってしまうからです。

病院内にシステム部門がある環境がおすすめ

最近は病院側のシステム開発環境も変わってきており、病院内に独自のシステム開発部門を儲けて、病院内でシステム開発を完結させるびょ員も多くなっています。

そうした病院は、得てして給与の額が高くなってくるという特徴があります。転職を考えた方は、できれば独自のシステム部門がある病院への転職をおすすめします。

医療業界の組み込みエンジニア需要も高くなっていく

医療系システム開発の需要が高くなっているのは間違いありません。そして同時に、医療系器具に組み込むシステム開発を行う、組み込みエンジニアの需要も高くなっています。

世界的に見れば、医療用ロボットが開発されつつあるなんて話があるほどです。医療業界においてITエンジニアの存在感はますます大きくなっていると言えるでしょう。

医療業界SEへの転職はエージェントを活用して

医療業界は広いです。また、医療業界でのシステム開発も多岐に渡っており、SEとして転職するまでには様々な情報を取捨選択せねばなりません。

やはり、医療業界への転職を行う際にも、自分の希望をすり合わせながら進めることができる「転職エージェント」を利用しながら転職するのがおすすめです。

医療業界への転職でおすすめ「マイナビエージェント」

企業用システム開発から、医療用システム開発など、他業界への転職で役立つエージェントは「マイナビエージェント」などの大手転職エージェントです。

マイナビエージェントは、独自のパイプであらゆる分野の求人情報が集まっているため、他業界への転職でもかなり心強い存在と言えるでしょう。

まとめ

医療用システム開発など、医療業界のSEとして働くためにはどうすればいいのか。医療業界への転職ではどんなスキルが役立つのか。

医療業界という他業界のSEとして働くためにはどうすればいいのか。その手順を考えてみました。