レバテックキャリアはIT未経験でも利用できるのか?調べてみました

IT業界特化型の転職エージェントとして名高いレバテックキャリア。

利用者が多く、実際に利用者の転職を成功させてきた実例も数が多いです。

多くのサイト(うちも含む)で、「IT業界の転職ならレバテックキャリア!」と言われている通り、かなり優秀な転職エージェントであることは間違いありません。

しかし、レバテックキャリアはIT業界経験者でないと利用できないという声もちらほらきこえます。

実際IT業界は、転職する人の経験がものを言う界隈も多いです。

果たしてレバテックキャリアは、「未経験の転職」をサポートしてくれるのでしょうか?

レバテックキャリアは、他エージェントと違いIT・WEBに特化した転職エージェント。高い質を誇るキャリアアドバイザー、手厚い個別相談会など、他のエージェントとは違うスタイルであなたの転職をアシストします。

「まったくの未経験」ではレバテックキャリアを利用できない

そもそも、レバテックキャリアのような転職エージェントは、登録すれば誰でも利用できるというわけでもありません。

転職エージェントに利用を申し込むと、まずは申し込んだ人の履歴書、職務経歴書などのレジュメを審査されることになります。

その条件で、「利用する資格がある」と判断された人のみ、転職エージェントに登録できます。

転職エージェントのサービスはキャリアコンサルタントのサポートを受けるものです。

キャリアコンサルタントの数には限りがあり、転職エージェントは利用者のためにリソースを分配しなくてはならないのです。

レバテックキャリアを利用するために必要な条件

ではどんな人が、レバテックキャリアを利用することができるのか。

レバテックキャリアを利用できる人の条件を調べてみましょう。

エンジニア経験がある人

レバテックキャリアはIT業界特化型の転職エージェントです。

ですからレバテックキャリアは、「エンジニア経験のある人」の転職は、前向きにサポートしてくれます。

転職エージェントの利益は、転職を成功させた企業からの報酬だからです。

レバテックキャリアにとって「高いエンジニアスキル」を持つ人材は、優良案件ということです。

逆に未経験はIT業界での転職で不利。多くの利用者を抱えるレバテックキャリアは、そんな人材を相手にしている場合ではないのです。

「IT業界内未経験」なら転職可能

未経験での転職といっても、以前働いていた業界とは違うIT内別業界への転職となると話が変わります。

例えばSIerからWeb業界への転職ならば、現在の人手不足なども影響して、転職成功率もかなり高くなります。

SIerからWebへの転向を考える方は多いですが、SIerに長くいると、Webへの転向は困難です。中でもSIからWeb転向がうまくいく人、失敗する人の特徴を調べておきましょう。
「個人でエンジニア経験がある」なら利用可能になることも

IT業界未経験だったとしても、個人での開発経験があれば、そのスキルを活かした転職が可能です。

趣味で、個人的にアプリケーションを開発したりしている人も、現在はそれなりの数存在します。

そうした個人的な開発経験も、企業へのアピール材料となるので、転職活動で役立てることができます。

とはいえ、個人で開発した経験を活かすには、面接などで「個人で開発してました」と言うだけでは弱いです。

目に見える「売上」など、ぱっと見わかりやすい判断材料が必要となります。

東京、神奈川、埼玉、千葉、福岡、大阪、愛知いずれかの地域にお住まいの方

レバテックキャリアは、支社のある地域しか転職をサポートすることができません。

支社のない地域の求人を持ってないのがその理由です。

具体的に言うと、本社のある東京など一都三県、そして最近レバテックキャリアが力を入れている大阪や福岡など、地方都市近くにお住まいの方しか利用できません。

プログラミングスクールに通ってから転職するという手も

もしあなたがIT業界がまったくの未経験ならば、まずIT知識を学ぶところからはじめるのも一つの手です。

世の中には、プログラミング技術などを学べる「プログラミングスクール」も数多く存在するので、そういった専門機関で学ぶことも検討してください。

レバテックビギナーなら通っていた実績をアピールできるかも


レバテックキャリアは、自社でプログラミング技術を教えるプログラミングスクールを運営しています。

教えてくれる開発技術も多岐に渡っており、様々な「学びたい」というニーズに応えてくれるはずです。

未経験の状態で転職を成功させるコツ

未経験でIT業界へ転職するためのコツをお教えします。

転職サイトで「未経験可」の求人を探す

レバテックキャリアは「転職エージェント」です。

転職エージェントは、利用を認められないと利用できないのは、最初のほうでお伝えした通りです。

しかし、自分で求人条件を検索して探す「転職サイト」ならば、誰でも利用可能です。

転職エージェントのように「キャリアコンサルタントと二人三脚」という転職活動はできないものの、転職サイトを使って「未経験可」の求人を探したほうが確実かもしれません。

リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイト。

豊富な求人情報を抱えており、中には未経験可の求人もあります。

どの職種を探している方も、まずはリクナビNEXTに登録してみましょう。

国内最大級の転職サイト、リクナビNEXTを使った転職もおすすめです。豊富な求人数、高い求人の質、求職者のかゆいところに手が届く豊富なサービスも魅力です。

DODA


DODAは、リクルートに次ぐ業界第二位の人材企業。

基本は転職サイトですが、希望者は在籍しているキャリアコンサルタントと相談できる「エージェント」のスタイルにも対応できます。

リクナビNEXTと合わせた利用がおすすめです。

業界No.2のDODAなら、豊富な求人情報の中から自分にピッタリの案件を探すことができます。ノウハウ豊富なキャリアコンサルタントと一緒に、あなたが今後進むべき道を見つけてください。

未経験で転職するならしっかりと準備を

どの業界でも、未経験の転職は難しいです。

しっかりと事前に、「どうすれば転職できるか」を考えながら、しっかりと効果的な転職活動を進めないと成功は見えません。

「どうして転職したいのか」
「自分に何が足りないのか」

などを考えながら、自分を受け入れてくれる企業を探してください。

まずはスキルの棚卸し

「自分に何が足りないのか」を考えるのと同時に、「自分は何を持ってるのか」を考えるのも大切です。

自分が現在すでに持っているスキルのなかに、これから転職活動を進めるにあたって役立つスキルがないか、少し考えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「未経験」の状態でレバテックキャリアを使うのは難しいこと、わかっていただけたでしょうか。

というよりも、そもそも未経験では転職活動自体の難易度も上がってしまいます。

転職活動を成功させるには、未経験の状態を打ち消すくらいに企業から魅力を感じてもらえる材料を、自分の中で見つけてください。