インフラエンジニアの年収って高い?もっと年収を上げるには?

サーバールームにいるエンジニア

企業の屋台骨的存在、それが「インフラエンジニア」です。

企業において重要なシステムの運用、または通信インフラの管理など、企業が安定して稼働するためには無くてはならない存在。企業が今日も安定して業務に当たることができるのは、インフラエンジニアの仕事の賜物です。

インフラシステムを設計・構築するのがインフラエンジニアの仕事です。インフラエンジニアがいないとITの開発部門は動きません。業界を影から支えているのが、このインフラエンジニアなのです。

昨今IT業界において「インフラエンジニア」が注目を集めています。なぜならインフラエンジニアは比較的年収相場が高く、その仕事にはやりがいがあるからです。

ただ言われた事をこなすエンジニアとは違い、インフラエンジニアは企業の命運をかけた仕事をこなすことになり、その責任も重大です。

さて、「高い」と言われることもある「インフラエンジニアの年収」、少し詳しく調べていきましょう。

インフラエンジニアの平均年収

まずは、インフラエンジニアの平均年収から調べていくことにしましょう。

インフラエンジニア全体の平均年収は、「550万円」でした。

平均年収の推移を見ると、「480万円~570万円」となっています。

インフラエンジニアの平均年収推移をみても、比較的「高め」となっているのは、ニーズに対して人手が足りてないから。年々インフラエンジニアの平均年収は上昇傾向にあります。

30代前半のインフラエンジニア平均年収

30代前半のインフラエンジニアの平均年収を調べてみると、「640万円」という数字が出ています。

この平均年収は、ITコンサルタントを超える数字です。インフラエンジニアの平均年収がかなり高めであること、わかっていただけたでしょうか。

地域別別インフラエンジニア平均年収

インフラエンジニアも、働く都市によって年収が違います。

都市別にインフラエンジニアの平均年収を調べていきましょう。

都道府県 平均年収
北海道 495万円
東京 770万円
神奈川 605万円
大阪 660万円
福岡 550万円

東京で働くインフラエンジニアが、頭一つ飛び抜けた「770万円」という平均年収となっています。

インフラエンジニア年収アップ戦略

それでは、ただでさえ平均年収の高いインフラエンジニアですが、ここからさらに年収を上げるにはどうすればいいのか。

インフラエンジニアの年収アップ戦略を考えていきましょう。

インフラエンジニアが年収を上げるには「キャリアアップ」しかない

インフラエンジニアに限った話ではないのですが、年収アップのためにできるのは、スキルアップして「キャリアアップ」するしかありません。

具体的にどのように「キャリアアップ」していけばいいのか?私がお教えします。

まずは実績と経験を積む

インフラエンジニアは「実力社会」です。

どれだけ他のエンジニアに学力で負けていようが、喋りがつまらなかろうが、「スキル」がそれらをカバーしてくれます。

まずは働きながら、基本的なスキルと実績を積みましょう。いつも同じようなことばかりさせられる会社にいてはいけません。働きだして3年ほどで、どこでも通用するくらいの経験を積ませてくれる会社で働きましょう。

「いつまでもここにいてはだめだ」と感じたなら、早めに転職しましょう。インフラエンジニアは人手不足のため、転職それ自体は難しくないでしょう。

新しいスキルを身につける

ある程度実績を積んできたら、そこで満足していてはいけません。

さらに上に上がるには「新しいスキル」を身につけねばならないのです。

マネジメントスキル

エンジニアのスキルは、一定の仕事をこなしているとある程度身につきます。

しかし、そこから年収を上げるようにすごくには、他のエンジニアをマネジメントするスキルを身につける必要があります。

「一流のエンジニアスキル」「マネジメントスキル」を両立させれば、年収600万くらいなら簡単に越えるはず。

語学スキルを活かして外資系インフラエンジニアへ

もう一つ普遍的に役立つスキルといえば、「語学スキル」です。

語学スキルを身に着けて、年収の高い「外資系インフラエンジニア」に転職するのも良いでしょう。外国語スキルを身につけるのは、時間もかかりかなり苦難が伴うでしょう。しかし、チャンスは皆に均等にあります。やればできるようになる。これが真実です。

外資系企業への転職が得意なエージェントに、一度相談してみると良いかもしれません。

JACリクルートメントは、ハイクラス向けの求人案件に明るい転職エージェント。転職サポート事業一本に絞ったその経営方針は確かです。

エキスパート資格を活かして仕事する

ネットワークエンジニアにはおなじみの「Cisco」が提供している「CNA,CCNP,CCIE」資格ですが、それぞれ保有者の資格ランクによって、平均年収推移が全く違います。

ランクが上の資格を引っさげて、「ハイクラス転職」なんていうのも、年収アップには有効ですよね。

資格 平均年収
エキスパート(CCIE) 645~900万円
プロフェッショナル(CCNP) 496~701万円
アソシエイト(CCNA) 404~578万円

まとめ

いかがだったでしょうか。

最近「年収が高い」と注目が集まっている「インフラエンジニア」の年収に関して、詳しくお伝えしました。

インフラエンジニアとして現在すでに働いている皆さんは、「今よりもっと年収を上げるにはどうすればいいか」を考えてみる必要があるでしょう。