SE地方転職マニュアル~横浜編~

関東圏に暮らす人々の転職先のひとつとして横浜を選択肢に入れる人は多いでしょう。

横浜市全体を上げて「横浜市成長産業立地促進助成制度」を用意し、企業の集積をしているという背景から、年々IT企業も増えています。その結果求人も増え、以前より転職の難易度も下がってきているようです。

勤務地としての横浜

横浜は言わずと知れた繁華街。横浜に住む人は住んでいる県を聞かれても「神奈川県」と答えずに「横浜」と答えるという話はよく聞きますが、それと同じように現地企業の方々も横浜ステータスを感じながら働いている場合が多いようです。

確かに、みなとみらいを始め、元町の中華街や中区の赤レンガなど綺麗な町並みがたくさんあります。「こんなところで働きたいなぁ」と憧れを抱く方も多いでしょう。

海沿いの貿易港であるため、市の中心となっているのは卸売業や小売業などの第三次産業ですが、ランドマークタワーなどSEの転職先となるIT企業などのオフィスビルもたくさんあります。

横浜の平均年収

2016年度の横浜市の平均年収は「400万7615円」でした。全国の市区町村の年収ランキングでは、41位となっています。東京23区の平均年収には劣りますが、市町村の中では上位の水準です。

正直、物価が高いですが(東京に比べれば)家賃は安いので、不自由なく暮らせるでしょう。ただし年収アップのために移住するというのならやはり東京には勝てません。

また、有効求人倍率は全国平均に比べて0.1倍程度低い数字となっています。市の政策により企業数は増えていますが、それでも現状では少し転職が難しい場所と言えるでしょう。

横浜の大手SIer

横浜には東京に本社を置くSIer企業がたくさんあります。しかし、電車で行ける距離なだけあって気軽に東京転職を言い渡されてしまう可能性も。

現地で働きたいのなら、横浜に本社を置くSIer企業を選ぶことをオススメします。

ハマゴムエイコム株式会社

ハマゴムエイコム株式会社は、横浜ゴム株式会社を母体としたSIerです。

事業の基本は、横浜ゴムから降りてくる業務なので、安定した受注があるというところも魅力です。その技術を活かして民間や官公庁へのシステム開発も行っています。

また、女性社員が多いのも魅力。一般的に女性SEは20人に1人いるかいないかと言われていますが、ハマゴムエイコムは全体の23%が女性社員。福利厚生をチェックしてみると、子の看護休暇や産前産後休暇、育児・介護休暇、時短勤務…など子育てを支援する休暇制度がたくさんありました。

世の中で数少ない「子育てができるSIer企業」と言うことができるでしょう。

アーバン・コーポレーション株式会社

アーバン・コーポレーション株式会社はシステムの開発・提案からシステムコンサルティング、IoT技術の研究・開発を行っているSIer企業。金融、官公庁、製造・運輸、会計、建設…など、幅広い分野での開発実績があるのが強みです。

社員同士の交流も深いようで、社員旅行やイベントがたくさん開かれています。また、部活動も活発で野球やゴルフ、ヨット、フットサルなどアクティブに動くことができます。どうしても他の職種よりも会話の機会が少ないSEにとって、仲間と気軽に話せる場があるのはどんな福利厚生よりもありがたいかもしれません。

プライベートの時間を増やしたいなら社内SEがオススメ

せっかく横浜へ転職するのなら、アフター5で綺麗な町並みを楽しめる企業に就職したいものです。就業後に家族や友人たちとみなとみらいで待ち合わせをするのなら、残業時間が少ない社内SEへの転職がオススメです。

みなとみらいにある社内SE職を紹介

みなとみらいにはクイーンズタワーやセンタービルなどたくさんのオフィスビルが立ち並びます。

2017年10月現在、みなとみらいで社内SEを募集しているのは「富士通コミュニケーションサービス株式会社」や「富士ゼロックス株式会社」、「アクセンチュア株式会社」などです。

有効求人倍率が低いのなら非公開求人が狙い目

横浜は全国平均と比べて有効求人倍率が低く、転職しにくい市であると言えます。転職しにくい場所への転職は、サポートサービスを利用すると案外スムーズに内定が決まったりするのです。

中でも非公開求人は、ライバルも少なく内定に繋がりやすいです。転職が難しいと言われている場所こそ利用してみるべきです。

DODA

DODAは全国の求人を取り扱っている大手転職エージェントサービス。横浜には支社があるので、対面でのサポートも受けやすいです。

筆者が横浜にある社内SE求人を探していた時の実感として、他の転職エージェントよりも条件に当てはまる求人が多かったように思います。

横浜でのSE転職ならとりあえず抑えておきたい転職エージェントです。→DODAの詳細

まとめ

横浜は「住みたい街」としてもよく挙げられるステータスがある街です。

転職希望者が多い分、転職を成功させるのは他の県に比べて少々難しいところもあります。転職エージェントの手を借りて上手く転職活動を進めていきましょう。