「週3勤務」も夢じゃない!フリーランスエンジニアという仕事のあり方

カレンダーと時計

「自分の実力」に自信があるエンジニアは、独立してフリーランスとして働くべきです。

そして私はもう一つ、すでにフリーランスとして働いている方は、今よりもっと自由な働き方「週3勤務」のスタイルで働くべきです。

「週3」で働くということは、つまり「週休4日」ということ。お金に余裕さえあれば、毎週旅行だってできるほど、多くの余暇が手に入るのです。

ですが当然、すべてのフリーランスエンジニアが週3勤務を実現できるというわけでもありません。

フリーランスエンジニアの基本的な働き方

会社に勤めていないフリーランスとはいえ、基本的な働き方にはいくつかパターンがあります。働き方が完全に自由というわけでもなく、いくつかの枠組みの中、フリーランスとして働いているのです。

客先常駐

もっとも多くのフリーランスエンジニアが、この「客先常駐」という働き方で働いています。

仕事を結んだクライアント企業へ赴き、社内で社員と共に働く働き方です。この場合、社員と同じく「週5」で働くことになります。

違うのは、報酬が中抜きされないので、会社員とくらべて収入が多くなるということ。しかし、仕事の切れ目が円の切れ目。仕事が終わったらその会社との縁も切れてしまうというわけです。

リモートワーク

フリーランスには出社するべき会社がありません。そのため、極論どこで仕事してもいいのです。会社の方針にマッチさえすれば。

会社によっては、「リモートワーク」を推奨しているところも多く、この「リモートワーク」目当てにフリーランスになるエンジニアも多いです。

フリーランスなら週3で働くことも可能

さて、本題です。フリーランス特有の働き方、「週3勤務」について。

フリーランスエンジニアの人口が多くなるのに従い、フリーランスの働き方も、多彩になってきています。

少ない日数、短い時間のみ仕事したい方は、「「週3」もしくは「週2」だけでいいからうちで働いてくれ」という企業の案件を受けて働くのです。

そうした案件は、たしかにあまり多くは出回っていませんが、「フリーランス向けエージェント」を上手に使えば見つけることができるはずです。

ITベンチャーが「週3勤務案件」を出す

どんな企業が「週3勤務案件」を出すのかというと、多いのは例えば「ITベンチャー」です。

ITベンチャーの強みはなんといっても、「仕事のスピーディさ」です。大企業よりも小回りの効く仕事が得意なベンチャーは、少しでも他社を出し抜く早さが欲しい。

そこで活躍するのが、「フリーランスのエンジニア」です。

ベンチャーも優秀な人材に開発してほしい!だがお金がない

ITベンチャーは少しでも早く、少しでもいい仕事をしたいと思っている会社ばかり。

しかし、優秀な人材を獲得するための「資金」も、「時間」もありません。そこで、「週3」でいいからうちで働いてくれ、という案件が出て来るのです。

「週に3日だけ常駐する」という働き方

この「週3」だけ働くという自由な働き方こそ、「フリーランス」の魅力。

しかしこんな働き方で、心配になるのは「収入」の問題です。しかし心配はいりません。たとえ週3で働いたとしても、単価は「週5」と変わらない案件ばかり。週5勤務と同等、またはそれ以上の収入を得ることができるのに、実際に働いている時間は短いとなれば、フリーランスエンジニアの魅力は増すばかりですよね。

フリーランスが「週3」で働けるようになるには

とはいえ、最初に書いたように、フリーランス全員が週3勤務で働いているわけではありません。

むしろ、「週3勤務」で働いているフリーランスエンジニアは少数派です。それでは、どうすれば週3勤務で働けるエンジニアになることができるのか。

どうすれば「週3勤務フリーランス」になることができるのか?その方向で考えていきましょう。

フリーランスとしての実績を積む

駆け出しのエンジニアは、当然何の実績もありません。

そんな人には、誰も「仕事を任せたい」とは思わないもの。これは会社勤めのエンジニアでも同じですよね。こつこつと仕事をこなして、周りの人間から、「この人なら大丈夫だ」と思ってもらえる人だけに、「良い案件」が回ってくるのです。

「週3案件」を出す企業も、「まずは週5勤務」として働かせることも多いです。まずは周りに有無を言わさないくらいに、自分の優秀さをアピールしてください。

フリーランス専用エージェントから「週3案件」をもらう

自分のコネ、つながりだけで「週3勤務」を探すのは限界があります。

「週3」の案件ほどレア案件を得るにはやはり、「フリーランス向けのエージェント」に相談するしかありません。

エージェントを使うと、フリーランスとはいえエージェントの利用手数料がかかってしまうものの、やはり仕事を紹介してくれるのはありがたいもの。

レバレジーズ株式会社が運営する、フリーランス専門のエージェントが「レバテックフリーランス」です。案件の単価の高さがレバテックフリーランスの強みで、今の年収で満足していないサラリーマンの多くが、レバテックフリーランスでフリーランスエンジニアとしての道を歩んでいます。

週3案件は人気

週3で働きたいと思っているフリーランスのエンジニアは多いです。

誰もが週3案件を欲しがっているということを、まずは理解しておいてください。…とはいえ、大きくなり続けているIT業界。このIT業界内において、「週3」案件を出す企業が増えているのもまた真実です。

「週3で働きたい」という確固たる思いを胸にいだいて、自分にとって最良の仕事を探してください。

週3勤務が実現すれば人生はもっと豊かになる

週3で働くということは、空いている残りの4日はすべて自由ということ。

遊んでも良し、何かの投資をするも良し、副業するも良し、何もしないのもまた、自由です。

人間の幸福というのは、「選択肢の多さ」に起因すると、私は考えています。「何をしてもいい」という幸福を味わいたい方はぜひ、週3勤務のフリーランスを目指して動いてください。