フリーランスの在宅プログラマーって稼げるの?

カフェでパソコンをする女性

近年ますますふえつつあるフリーランスのプログラマー。

どうしてここまでフリーランスが増えたのかと考えてみると、「IT業界の人手不足、クラウドソーシングの発達」など、様々な要因が思い当たります。

プログラマーだけでなく、ライター、イラストレーターなど、自分の得意分野でお金を稼ぐフリーランスという働き方が、これからますます主流の働き方となるはずです。

そんな、フリーランスという働き方を選んだプログラマーが抱える案件として、家で仕事する「在宅案件」というものがあります。果たして、そんな客先常駐の必要ない在宅案件は、どれくらいのお金が稼げるのか。

今回は、そんなフリーランスプログラマーの報酬についてお話したいと思います。

フリーランスプログラマーの在宅案件とは?

フリーランスプログラマーの「在宅案件」、それがどういうものかそもそも理解できているでしょうか。

フリーランスのプログラマーは多くなっていますが、それぞれのプログラマーは、異なる働き方で報酬を得ています。

フリーランスの雇用形態は大きく分けて二つ

フリーランスとして働いているエンジニアは、大きく分けて二種類の働き方をしています。

クライアント先の会社で仕事する「客先常駐」型と、家でもどこでも仕事できる「在宅」型です。

今回お話するのは主に「在宅」のプログラマーです。

在宅プログラマーのメリットとは?

在宅で仕事をこなすプログラマー、そのプログラマーにはどんなメリットがあるのか。

会社勤めのプログラマーとはどんな違いがあるのか、その違いについても調べておきましょう。

社内のしがらみに縛られない仕事ができる

会社勤めのプログラマーは、同僚その他の人とのしがらみに苦しみながら仕事しなくてはなりません。

人間関係にも悩まず、自由に、自分の好きなやり方で仕事することができます。何より「自分で仕事を選べる」のは嬉しいですよね。やりたい仕事だけして、やりたくない仕事はしなくていいのです。

通勤時間なし 満員電車なし

在宅プログラマーの通勤時間はゼロ。出勤するのに時間を一切かけなくても良いのです。

会社員を悩ませる「満員電車」に乗る必要もなくなり、ストレスフリーな毎日を過ごすことができます。

自由に使える時間が増える

在宅プログラマーは、案件をこなしている以外の時間はすべて「自由」。

案件を受ける間隔を空ければ、長期休暇を手に入れることも可能となります。

在宅プログラマーにはデメリットもある

そんな、普通のサラリーマンにとっては夢のような働き方ができている、在宅プログラマーですが、デメリットも存在します。

在宅プログラマーのデメリットもしっかり理解しておき、自分が今後どんな働き方をするのか、真剣に考えてみてください。

在宅案件は人気がある

デメリットというわけでもありませんが、在宅案件はフリーランスエンジニア間で取り合いです。なぜなら在宅案件は、フリーランスのエンジニアに高い人気があるからです。

在宅案件を受けるには、下で言う「営業活動」か、「フリーランス向けエージェントの活用」が必要となります。

営業力が必要

在宅案件とはいえ、ずっと家にこもっているわけにもいきません。

仕事をもらうためのクライアントと、しっかりと深い関係性を築く必要があり、それには高い営業力が求められます。

とはいえ、人とのコミュニケーションに苦痛を感じフリーランスとなった人も多いはず、そんな人に営業能力を求めるのは少し酷ですよね。

無理なくエージェントを活用した「案件探し」を

自分の力でクライアントを見つけるのが苦手なら、無理せず「エージェント」を利用してください。

フリーランス向けエージェントは、案件の紹介から、クライアントとの交渉まで面倒事をほとんど引き受けてくれます。

在宅プログラマーの年収は高い?

では在宅プログラマーの収入の話に移りましょう。

とはいえ、在宅プログラマーの年収といっても「案件」や「雇用形態」で年収に差が出ます。

ほとんどが「年収400万未満」

しかし在宅プログラマーの実態を見てみると、フリーランスの在宅プログラマーはおよそ半数が「年収400万円未満」で仕事しているというデータがあります。

在宅プログラマーとして、夢の「年収1000万円」を現実のものとするには、かなりの努力が求められてくるということです。

在宅プログラマーが年収を上げるには

人気があり希少なフリーランス向け在宅案件。

そして多くの在宅案件は、報酬が少ないです。そんな細かい仕事をこなしているだけでは、いつまで経っても高収入のプログラマーになることはできません。

最新スキルを身につける

どんな案件にも対応できる「最新スキル」を常に取り入れる努力をしましょう。

トレンドの開発言語などを知っていれば、他のプログラマーと差をつけることができます。

高単価の案件を受ける

単価の高い案件を受けて仕事すれば、必然的にプログラマーとしての収入は高くなります。

エージェントと相談しながら、なるべく単価の高い案件を受けましょう。さらにできれば、プログラム以外の案件を受けることで、さらなる収入アップも期待できます。

まとめ

在宅プログラマーは、少なく報酬の少ない案件の取り合い。

細かい仕事をいくらこなしても、収入の高いプログラマーとして活躍することはできません。高い収入をもらいながら、在宅プログラマーとして活躍したいならば、それなりに労力と時間が必要になります。