転職するSEが持っておくべき資格とは

どの業界、職種の転職でも、転職時資格を持っているのは有利となります。

転職時に、採用する企業側はその人の「人となり」がわかりません。その人のことを知るには、履歴書に書かれた資格や、職務経歴書、面接時の発言を元に考えるしかないのです。

そしてSEの転職でも資格のある無しが、転職活動の結果でものを言います。SEはスキル最優先の仕事ですから、いかに自分にスキルがあるのか、知識があるのか、それを持っている資格で表明する必要があります。口であれこれ言うより、資格を持っていることが何よりの証明となります。

SEの転職はスキルが求められる

繰り返すようですが、SEの転職にはスキルが求められます。SEという仕事は高い専門知識が求められる仕事です。

ある程度年齢を重ねていたら、それまで十分なスキルを積んでいる「であろう」という前提で採用活動が進められてしまうのです。

20代ならある程度許される

とはいえ、高いスキルが求められるのは、「30代以上」の人です。

20代はまだ働き始めてから時間が経っていないので、スキルがなくても当然、という認識を持たれることが多いでしょう。とはいえ、そんな中スキルのある20代は、転職活動においてかなり大きなアドバンテージを得ることができるのも確かです。

20代の転職で大切なのは気力<ポテンシャル>

それでは20代が転職を行う時、どんな情報を求められるのかというと、若いがゆえの高いポテンシャルです。

そして、他社の常識に染まっていないという「素直さ」。ここにある程度のSEとしてのスキルがあれば完璧です。たとえスキルが無くとも、IT知識やスキルは働いているうちに手に入るもの。20代の転職は比較的条件が有利となるはずです。

30代からは「資格」がある前提

これが30代SEともなると話は変わります。

30代ともなると、それまでのキャリアで様々な仕事を経験して、それなりのスキルを身に着けているはず。30代のSEが転職する時は、この今までの知識や経験を、「資格」という形でアピールする必要があります。

何の資格も持っていない状態では、採用側にとっては「今まで何をやってたんだ」という感じになってしまいます。

ベンダー資格は必要ない?国家資格がおすすめ

さて、では具体的にどの資格を持っていれば、SEの資格で役立つかを説明します。

SEの転職で役立つ資格はそれなりにありますが、私はベンダー資格は置いておいて、国家資格の習得をおすすめします。

高いスキル・知識が求められる国家資格に対し、ベンダー資格は実用的な知識が身につきません。もはや「資格マニア」しか喜びません。

具体的にどの国家資格が転職で役立つのか、具体例を見ていきましょう。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

多くのエンジニアが習得する国家資格が、この基本情報技術者試験です。毎年春と秋に実施される試験は、一度の試験で10万人以上が受験します。合格率は20%ほど。

ITエンジニアの登竜門的資格なので、持っておいて損はありません。「応用情報技術者試験」まで持っていれば、面接で間違いなく「おっ」と思われるでしょう。

システムアーキテクト試験

システムのアーキテクチャー設計に役立つ知識が出題される国家資格です。

情報システムだけでなく組込みシステムに関する高い知識が求められる試験ですが、SEとしてキャリアップしたいなら持っておきたい資格です。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークシステムの構築から運用まで様々な知識を問われる資格です。

インフラ系のエンジニアこそ、転職においてスキルを表明する必要があります。平成26年度の合格率は「13.9%」と低めですが、ネットワークエンジニアが転職する際にはぜひ持っておきたい資格です。

コンピュータ間をつなぐ「ネットワーク」のスペシャリスト、ネットワークエンジニアへの転職を考えた時必要となるスキルなどの情報を書いたページです。

外資系企業への転職は「語学スキル」をアピール

外資系の企業へ転職したいと思っているエンジニアも少なくないはず。

外資系企業への転職時には、「外国語スキル」が必須。どれだけ高いシステム開発スキルがあっても、語学スキルが乏しい人は採用されることはまず無いと思ってください。そもそも、応募すらできないかもしれませんが…。

TOEIC

楽天社内の公用語が英語に統一されたニュースが記憶にあたらしいです。

TOEICは実用性の低い資格だと言われることがありますが、転職活動においてかなり役立つ資格であることは間違いありません。

語学力を武器に転職活動を進めるなら、TOEIC600点以上は持っておきたいところです。

まとめ

SEが転職する時に考える時には、自分のスキルを示すことができる資格が必要になります。

どれだけ口であれこれ言っても、資格を持っていなければお話になりません。これが20代のSEが転職を考えたときならまだしも、30代の転職にもなると、ある程度の資格は必須です。