20代で転職を考えたSEが注意しておくべきこと

残業で苦しむサラリーマン

年齢をあまり重ねていない20代のSEでも、「転職したい」と思うタイミングは訪れるものです。

20代の転職となると、「人生ではじめての転職」という方も多いはず。転職は、若ければ若いほどアドバンテージがあります。しかし若すぎるというのも、まだ持っているスキルが不十分であるという理由などで、転機活動において不利になってしまうもの。

20代のSEが、どのように転機活動を進めれば、その転機活動が成功するのか、今回はお話します。

20代SEが転職を考えるタイミング

転職を考える20代SEは意外と多いです。

20代の若いSEは、いったいどんな時に転職を考えるのか、転職を考えるきっかけから考えていきましょう。

勤務環境が悪い

特にSIer勤務のSEにありがちなのが、劣悪な労働環境で働かされることです。長い残業時間、休日出勤、繰り返されるデスマーチ等、労働環境を苦に転職する20代SEは多いです。

ひどい場合では、労働環境が悪すぎて、心身を壊してしまうSEがいるほどです。

仕事はあくまで「生きるための手段」です。仕事によって人生を、仕事をダメにしてしまっては意味がありません。労働環境が苦しいと感じているなら、少しでも早い段階で転職を考えるべきだと私は考えます。

やりたい仕事ができない

仕事に夢を持って就職したのに、いざ働いてみると、自分が考えた仕事とは全然違う仕事をしているSEも多いです。

学生の頃からプログラミングが好きで、就職後もバリバリ開発に打ち込もうと思っていたのに、いざ就職してみるとやるのはExcelの表作りばかり…。

また、最近多くなっている「文系SE」なら、なんだかITの仕事が自分の思っていたのと違う…なんてことも多いでしょうか。

やりたい仕事ができないなら、もっと自分がやりたかった仕事に転職したいと思うのは当然のことでしょう。

SEは向き不向きがはっきり出る仕事です。ここでの仕事が向いていないと思ったなら、早めにIT業界からの脱出を検討してください。

IT業界から脱出するSEへアドバイスする記事です。IT業界から異業種への転職でもやはり、転職エージェントに登録、キャリアコンサルタントと相談するのが一番です。

収入が少ない

「労働環境が悪い」と近いですが、「収入が少なすぎる」のも十分な転職理由となります。

もらえる給金というのも、仕事する上でとても重要なポイント。転職エージェントのキャリアコンサルタントに「年収を上げたい」旨を伝えてください。

20代後半が20代SE転職のピーク

20代の中でもっとも転職が盛んなのは、「20代後半」です。

新卒のころとは違い、仕事にも慣れてきた。働いている上でスキルも身について来る頃が、20代後半なのです。30代を目前に、自分の未来が不安になってくるというのも、この年代のSEが盛んに転職する理由かもしれませんね。

20代のSE転職は「ポテンシャル」が重要

20代で転職を考えるSEがアピールするべきポイントは、「ポテンシャル」です。

まだアピールできるスキルが少ないSEも多いでしょうから、いかにスキルがあるかを無理やりアピールするのではなく、いかに自分が仕事に対するポテンシャルが高いかをアピールするべきなのです。

仕事するうえで「若さ」はとても強力な武器です。自分が持つエネルギッシュさをアピールすると、採用担当者も「良さそうだな」と感じるものです。

他業種への転職ならなおさらポテンシャルが大事

他業種への転職を考えるSEなら、なおのこと「ポテンシャル」が重要です。

それまで別分野の仕事をしており、転職後の業界知識が乏しいならなおさら、「自分には強いポテンシャルがあり、転職後もすぐに御社の力になってみせる」とアピールすれば、転職活動もうまくいきやすくなるはず。

まだスキルが不十分なら、「学んでいる」「学ぶ意志は強い」ことをアピールしましょう

「自分には転職する上でスキルが十分ではない」と感じている20代SEも多いはず。

そうしたSEは、「現在猛勉強中である」「自分には強い向学心がある」ことをアピールしてください。若ければ若いほど、そうした「勉強しているアピール」は有効です。ある程度歳を重ねてしまうと、採用担当者から、「これくらい知っとけよ」と思われてしまうからです。

これは、IT業界への転職だけでなく、あらゆる業界への転職で言えることです。

「興味がある」というワードの落とし穴

転職面接で多くの方が使う「興味がある」というワード。面接でこのワードを使うことで、面接官に「熱意」をアピールしようとする方が多いですが、実はこのワードには落とし穴があります。

というのも、「興味がある」と面接で伝えると、「興味があるなら、すでに何か動き出しているはず」という印象を持たれるからです。最新技術、例えばIT分野ならlotやAI等に興味があるなら、独学で学びなんらかの成果物を作っていて当たり前だという印象を与えてしまうのです。

軽はずみに、最新技術への興味の表明を行うのはやめましょう。

20代の転職もやはり転職エージェントを活用

はじめての転職活動でも役立つのは、「転職エージェント」です。

いくらこちらの転職がはじめてでも、転職エージェントにいるキャリアコンサルタントは「転職のプロ」です。転職のプロに、自分の転職目的を伝えれば、どんな仕事に転職するべきか、丁寧に教えてくれるはずです。

もしあなたがIT業界から、再びIT業界への転職を考えているなら、IT業界の転職に特化した「レバテックキャリア」がおすすめです。

レバテックキャリアは、他エージェントと違いIT・WEBに特化した転職エージェント。高い質を誇るキャリアアドバイザー、手厚い個別相談会など、他のエージェントとは違うスタイルであなたの転職をアシストします。

IT業界以外の企業への転職をお考えなら、様々な分野の求人が集まっている「リクルートエージェント」が良いでしょう。

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェント。業界で最も多くの求人数を誇り、運営歴も抜群に長いです。積み上げた運営歴、そこにあるノウハウを活かしながら、転職を成功させてください。

まとめ

20代の若さで転職を決意するSEは意外と多いものです。

労働環境の改善、年収アップ、仕事内容を変えたい、など、その転職理由も様々。転職を考える20代のSEは、まず自分の強いポテンシャルを採用担当者にアピールしてください。