未経験でもSEに転職することは可能か

悩むスーツの女性

IT業界というのは、他の業界より「未経験でも働きやすい業界」です。現在働いている多くのエンジニアが、昔は別の業界で働いていた「未経験者」です。

とはいえ、SEという仕事は専門知識が必要な「超専門職」です。何も知らない状態では、未経験でSEへの転職を果たすのはどうしてもハードルが高いと感じてしまうはず。

ここで考えておきたいことは、いくつかあります。

  • そもそも未経験でもSEになることができるか
  • SEの仕事内容
  • どんな人がSEに向いているのか

前もってこれらの問題を解決しておきましょう。

そもそも未経験でもSEは務まるのか

まずは大前提としてある問題である、「未経験でもSEはと務まるのか問題」から考えていきましょう。

この疑問に対しての答えが「未経験ではSEになれない」というものだった時点で、この話題はここで終わってしまいますが…。

未経験でもSEになれる!しかしどうして?

はい、答えから言うと、未経験でもSEになれます。企業から言うと、経験者、未経験者で選り分けて選んでいる場合でもないのです。

その理由は「人手が足りない」からです。知っての通り、IT技術の進歩は目覚ましいものがあります。日々新しいITデバイスが誕生し、年々新しい技術が私の目の前に表れます。

そして一企業としても、その早い技術の進歩に追いつく必要があります。でないと、他社と渡り合うことができませんからね。そして、その「IT技術の進歩」に追いつくためには、多くの人材が必要となります。だから、「未経験者は取らない」なんて言っている場合ではないのです。とにかく採用して、一流の技術者に育てるしかない。これが現状です。

SEに転職するために年齢は関係あるか

IT業界が人手不足だとは言え、誰でもいいというわけでもありません。

大切になるのは「年齢」です。どの業界への転職でも言えることですが、若ければ若いほど転職市場では有利となります。企業側は、若くてポテンシャルも体力もある20代の人間を取りたがります。

とはいえ中には30代、40代でSEにチャレンジしようって方も多いです。以前より年齢の問題は小さくなっているとはいえ、将来性のことを考えても遥かに20代が有利です。

どんな人がSEに向いているか

続いて、SEの適性が高い人の特徴もみていきましょう。「SEになりたい」という熱意があるとしても、その人にSE適正がないとしたら、SEとしてやっていくとはできませんよね。

バリバリ開発したいならWEBエンジニアの方がいいかも

もしあなたが「システムエンジニアになって、ばりばりプログラミングでシステム開発!」と企んでいるなら、その願いはかなわないかもしれません。後でも後述しますが、SEの仕事の大前提として、

  • SEは開発者に指示を出してプロジェクトをまとめる
  • プログラマーなど開発担当がプログラミングする

ということが言えます。システムエンジニアの仕事のメインは「システム開発」ではないのです。

エンジニアでバリバリやりたいならWEBエンジニアになったほうが良いかも

あなたの中のイメージで、「私服で、ビルのなかで、タワーPCの前で日がなプログラミングに追われているエンジニア」というものがあるなら、WEBエンジニアを目指すべきです。SEと同じく未経験からの転職は難しいですが、SEと同じく未経験者を受け入れるほど人手が足りてない業界です。転職の難易度自体は低いでしょう。

コミュニケーション能力が高い人はSE向き

SEの仕事は主にスタッフをまとめて、プロジェクトの進行をスムーズにすることです。

スタッフのマネジメントにはコミュニケーション能力が必須。他分野のエンジニアを取りまとめられる、高いコミュニケーション能力の持ち主が、SE適正の高い人だと言えるでしょう。

向学心の強い人

IT業界の進歩はめまぐるしいことは、すでにお伝えしたとおりです。

SEとして働いている以上、新しいIT技術を積極的に取り入れることに苦痛が無い「向学心の強い人」こそ、SEに向いています。自発的に学ぶことができる人は、どの企業にとっても強い戦力となり得る存在です。

前もって勉強しておこう

あなたが完全に未経験の状態でSEへ転職しようとしているなら、手ぶらで転職市場に乗り込むのはあまりに危険です。

一つでも武器を持っておくべき。具体的に言えば、例えばIT業界の基礎が詰まった資格である「基本情報技術者試験」をクリアした状態で転職すること。何か資格を持っていれば、たとえ未経験でも「ああこの人にはSEとしてやっていきたい熱意があるな」と思ってくれるはず。

本当に完全に未経験の状態で雇ってくれるSIerがあったとしても、そのSIerはかなりブラックであることは間違いありません。

SEの仕事内容

ここで改めて、SEという仕事の仕事に愛用を見てみましょう。

プロジェクトの進捗管理

通常、システム開発など開発業務には納期があります。納期とはつまり「タイムリミット」です。このタイムリミットを守ってシステムを開発するためには、SEがきちんとプロジェクトの進捗管理を行う必要があるのです。

システム開発を依頼した会社との折衝スキル、スケジュール管理など、マネージャーとしてのスキルがSEには求められます。

「プログラミング」は専門スタッフの仕事

繰り返すようですが、実際にプログラミングを行うのは、プログラマーなどエンジニアです。ここを混同しないように整理しておきましょう。

SEの将来性

SEという仕事の将来性は、「ある」とも「ない」とも言えません。SEの将来性を決めるのは、本人のスキル次第であるところが大きいからです。スキルのないSEには将来性がありません。未経験でSEになったとしたら、がむしゃらでいろんなスキルを吸収するくらいの意気込みをもっておきたいです。

SEの構造

SEが働く業界の構造もしっかり把握しておきましょう。

上流SEはホワイト 下請けSEはこき使われる

システム開発を他のSIerに依頼する側。大手SIerで働く企業で務めるSEは、比較的ホワイトな環境で働くことができます。

きつい仕事は、下流のSEに流してしまえば良いからです。問題は、その「下流SE」です。営業がとってきた無茶な依頼条件で、無茶な納期でシステム開発を行うことになるSEは、かなりキツい状況でシステム開発を行うことになります。

…とはいえ、未経験からの転職は、採用の間口が広い下流SIerが簡単です。しかし実際に働くのは他でもないあなた。少しでもいい条件で働くために努力を怠らないでください。

未経験でSEへの転職を行う際には転職エージェントの活用を

未経験でSEへ転職するためには、「転職エージェント」の存在が必要不可欠です。なぜなら、転職エージェントには「IT業界に明るいキャリアコンサルタント」がいるからです。

キャリアコンサルタントと一緒に、「自分が未経験なこと」を伝えた上で、少しでも良い条件で働ける職場を探してください。

未経験でSEへ転職するには「ワークポート」がおすすめ

未経験でSEへの転職を考えている方におすすめなのが、「ワークポート」です。ワークポートはなんといっても「IT特化型」の転職エージェント。未経験でも働けるSE求人に事欠きません。

登録、利用には基本的にお金がかからないため、気軽に利用してみてください。

まとめ

未経験でもSEへの転職は「可能」です。少しでも若い時代に、しっかりとある程度のスキルをもった状態で転職するようにしましょう。

考えるべきなのは「若さ」「ITへの熱意」です。未経験でSEへ転職するなら、企業側にとってどんな人なら未経験でも採用したくなるか。それを考えながら転職活動を進めてください。

SE業界は今人手不足です。未経験で転職するなら今しかありません。