日立製作所に転職したい!~年収や待遇は?~

日立製作所 ロゴ

日本有数の総合電機メーカーとして有名な、「日立製作所」。この会社の名前を聞いたことない人はいないはずです。

そして同時に、日立製作所はSIerとしても超一流です。なんと、東芝や富士通が軒を連ねる「メーカー系SIer」の中では、ぶっちぎりの売上ナンバーワン。社員数も莫大です。

これほど大きな会社となると、転職するのもそう簡単なことではありません。

まずは、日立製作所の基本情報を調べたあと、日立製作所への転職を果たすにはどうすればいいのか、考えていきましょう。

日立製作所とは?

国産初の5馬力誘導電動機(モーター)が1910年に開発されたのと同時に、日立製作所が設立されました。

やがて日立製作所は長い時間をかけて、国内最大の電機メーカーとなりました。現在は、情報・通信システム、産業システム、生活・エコシステムなど多くの部門で構成された巨大企業です。

世界中に拠点を持つ多国籍企業でもあり、世界企業ランキングではつねにランキングするほどの企業です。

本社所在地は?

日立製作所の本社は、「東京都千代田区丸の内一丁目6番6号(日本生命丸の内ビル)」にあります。

事業内容・売上は?

日立製作所くらいの大企業となると、関わる事業内容も膨大です。

生活に関わる電気製品の製造、販売はもちろん、情報通信システムにも力を注いでいます。
「お客様との協創による社会イノベーション事業への貢献」
これが、日立製作所の事業方針。その事業方針の元、システムインテグレーション、サーバなど通信機器の製造にも力を注ぎます。

子会社たる日立ソリューションズと日立システムズは、国内の大規模SIerとして、システム開発やアウトソーシングの受託も行います。システムインテグレーションが占める売上高は全体の19%。日立製作所の中でも大きな分野ですよね。

日立製作所本体の売上は伸び悩んでいる?

日立製作所全体の売上高を考えてみましょう。

日立グループ全体で考えれば、連結売上高は10兆円にのぼり、営業利益も6%とかなりの儲けがある企業です。

しかし日立製作所単体で売上を考えると、売上高1.8兆円、営業利益は3億円程度と低収益に収まっています。

とは言え一流企業 求められるスキルは高い

とはいえ世界の企業TOP2000にランクインする大企業。ここで働くためには高いスキルが求められます。

家電メーカーはグローバル価格競争で日立製作所が出遅れている今、この売上高が低下も必然だと言えます。

従業員数は?

日立製作所の従業員数は、30万8,178人。
ITに関わる企業としては国内でもっとも多い従業員数です。

日立製作所への転職 募集職種は?

それではここからは、具体的に日立製作所へ転職する情報をみていきましょう。

まずは、現在日立製作所が募集している職種の種類とその詳細から。

電力インフラを担う電力系統制御システムの研究開発

電力自由化によってさらに複雑化した
地域の電力系統全体の需要と供給のバランスを見極めて、電力供給を安定するためのシステムを開発するエンジニア職です。

主に中央給電の電力供給における、中枢システムの研究開発に携わります。

電力自由化は海外のほうが進んでいるので、電力自由化自体の研究、すでに利用しているシステムの検証なども行います。

電力系工学の知見があると、その知識を活かして働くことができます。

情報システムにおけるデータストレージに関する研究開発

ストレージコントローラの制御ソフトウェアの研究開発、SSDの研究開発を担います。

情報・電気・物理・数学の修士卒以上の学歴が求められ、ストレージ、SSDの知識と経験も求められます。

多様な社会インフラのIoT化を担うネットワークに関する研究開発

情報通信、電力、産業、交通などの広い分野の社会インフラにおいて、ネットワークのアーキテクチャ設計や社会実装を担当します。

ネットワークに関する専門知識と経験、特にフィールド設置からクラウド活用などのシステム、ネットワーク設計経験も求められます。

日立のデジタルコミュニケーション活動を推進するWeb担当者募集

デジタルコミュニケーションを活用した、より効果的・効率的な情報発信のために戦略をたてます。

そしてその戦略に基づいて、日立のコーポレートサイトの改善・運用・管理も行います。

この仕事では、WEB知識、コーポレートサイト運用実装経験が求められ、「WEBデザイン・構築の経験」も必要です。

ネットワークエンジニア

日立製作所内の、あらゆる分野のネットワークをとりまとめる仕事です。

ネットワークに関するスペシャリストでないと、ここでネットワークエンジニアとして働くのは難しいでしょう。

日立製作所の平均年収

日立製作所の平均年収は、2015年の段階で、「868万円」。

実際の給与は、配属される部署、関わるプロジェクトで変わるでしょうが、かなりの高額支給が見込まれるのではないでしょうか。

転職後の想定年収

転職後は、咲いてでも600万円、部署やスキルによってはもっと高い年収がもらえるはずです。

残業時間は?

やはりエンジニア職、そして日立製作所くらいの大企業ともなると、どうしても残業時間は長くなってしまいます。

しかし日立製作所は近年社員のワークライフバランスを重視しており、残業時間の削減を謳っています。日立製作所全体では、残業時間が月平均23.7時間にまで減りました。

エンジニア職、ましてリーダなどになるとさらに残業時間は長くなるでしょうが、それでも以前と比べるとだいぶマシになったのでは。

日立製作所の採用基準

ここからは、日立製作所に転職する際気になる採用基準を調べてみましょう。

高いスキルと豊富な経験

当然、日立製作所で働くためには、高いスキルと過去の豊富な経験が必要となります。

生半可な知識と経験では、まず採用されません。日立製作所で働く博士号取得社の数がそれを裏付けています。

そして過去大規模プロジェクトにて開発を担っていた経験も必要です。

超一流の知識と経験を持つエンジニアのみが、日立製作所で働くことができると思って良いでしょう。

グローバル化に耐えうる人材

世界展開している企業ということで、英語などが話せる、グローバルに働くことができる人材が求められています。

TOEIC700点以上は当たり前、海外留学の経験などがないと、今の日立製作所に採用されるのは難しいかもしれません。

日立製作所の社内風土は?

日立グループくらいの大規模企業となると、末端の社員一人一人に気がまわらないという特徴があります。

しかし近年の日立製作所は、社員の「ワークライフバランス」を尊重しています。

ダイバーシティや働きやすさに気を回した企業努力により、以前よりずっと働きやすくなったと社員から評判です。

有給消化率も60%を超えており、社員の環境もいいといえるのではないでしょうか。

福利厚生は?

やはり国内最大の電機メーカーともなれば、福利厚生もとても手厚いものとなります。

社宅、独身寮も完備、そして独身者のために住宅手当も出ます。住宅手当の金額は、家賃の半分です。

そして、会社の用意した福利厚生メニューを、社員一人ひとりが持っている持ち点内で利用できる「カフェテリアプラン」も用意しています。他にもホテルなど施設を割安カカウで利用できるプラン、自己投資への支援を行ってくれる制度もあります。

日立製作所へ転職で役立つエージェントは?

日立製作所ほどの大企業だとしても、やはり転職する際には「転職エージェント」が役に立ちます。

エージェントが保有している非公開求人や、コンサルタントの持つ転職ノウハウの助けを得ながら、日立製作所への転職を果たしてください。

DODA

日立製作所への転職で役立つエージェントは、例えばDODAです。

DODAの特徴は、業界最大級の求人数、その中にある豊富な非公開求人が魅力です。

DODAは長い歴史を持つ転職エージェントであることもあり、独自のつながりでDODA独自の求人情報も持っています。ぜひ、日立製作所への転職を考えた際にはDODAへの登録を。

日立製作所への転職まとめ

日立製作所は、国内最大の電機メーカーであると同時に、日本最大のシステムインテグレーション。

ここで働くためには、豊富な知識と、開発経験、そしてグローバルな現場で働くことのできるスキルも必要です。