40代のSEでも転職したい!

悩むおじさん

「転職は早ければ早いほど有利」という言説が世の中に溢れています。

実際若いほうが転職に有利なのは間違いありません。企業としては、少しでも長く働いてくれる、なるべく素直な若者を採用したいと思っています。

しかし現代IT業界は未曾有の人材不足。「今すぐ活躍する即戦力」を求めている企業も少なからず存在します。

安心してください。たとえあなたが40代SEでも、転職することは可能です。

40代SEが転職を考えた時は相応のスキルが必要

40代にもなった段階で転職を考えるのは、世間の通念的には遅いです。

その段階で転職を成功させるには、世間の40代エンジニアに求められる、あるいはそれ以上のスキルが求められます。転職時一番強い武器、それが「若さ」です。その若さの代わりになり得るスキルがあるかどうか、それが40代SEの転職の成功を分けるポイントです。

40代が持っているべき相応のスキルとは?

具体的に、40代が持っているべきスキルは何でしょうか。それは企業や業界、職種でも変わってくるでしょうが、わかりやすいもので言うと「マネジメントスキル」でしょうか。

特に古い日本企業は、ある程度キャリアを積んだ社員は、「マネージャー」になる流れが一般的です。ですから、当然あらゆる企業で、「40代にもなっているとマネジメントスキルを持っているだろう」という認識を持つのです。

システム開発歴が長いSEには、「高いプログラミング能力」を求められることもあるでしょう。

何にせよ、「スキルが無い」状態で転職できるほど、40代の転職は甘くありません。

マネジメントスキルは必要か

とはいえ、40代SEの転職において「マネジメントスキル」は絶対に必須というわけでもありません。

特にアメリカなど外国のSEは、マネジメントに移らずシステム開発を続ける人も多いです。マネジメントスキルが無いというだけで、転職できなくなるというわけではありません。

異業種で社会SEになる選択肢も

SIer等、IT業界への転職以外の選択肢も考えてみるべきです。

異業種の「社内SE」として働くなら、またSIerと違った勝手で転職することになるため、40代でも転職成功の目が見えてきます。

しかし、異業界の社内SEは「パソコントラブル」の対応も多く、「システム開発」ができなくなる可能性もあることを把握しておきましょう。

外国語スキルがあるなら外資系企業への転職も狙い目

もし英語など、「外国語が話せるスキル」のあるSEなら、「外資系企業」への転職も可能です。

外資系企業は、日本より転職時の年齢縛りが弱めです。外資系企業への転職は、高いスキルが求められる代わりに、40代でも比較的簡単に転職することができるでしょう。

「若さ」という武器がないことを自覚しておく

難しいですが、40代の転職は「可能」です。

しかし転職活動において、もっとも強い武器は「若さ」です。若いほうが企業にとって伸びしろを感じられるからです。40代のSEは、その若さというメリットを企業側に提供できないことをしっかり自覚して、自分はその代わりに何を提供できるのか。それを考えて転職活動を進めてください。

体力・気力で劣る代わりに何ができるか

若さが有利になるのは伸びしろがあるからです。そして同時に若いと体力と気力もある。多少の無茶なら身体が応じてくれるのです。

これが40代ともなるとそうもいきません。果たして、その若さの代わりになるどんなスキルを持っているのか。転職活動においてその分析を進めることが寛容です。

フリーランスのSEになる未来も

40代になるまでSEとしてキャリアを積んできたなら、フリーランスのSEとして働くことも選択肢に入っています。

40代まで培ったシステム開発スキル、いろんな場所で培った人脈、それを活かしてフリーランスとして働くことも可能です。

フリーランス向けエージェントの利用を

レバテックフリーランス

エージェントは何も転職活動だけのために存在しているわけではありません。フリーランスの仕事受託、交渉を行ってくれるエージェントも存在します。フリーランスとしてSE業を続けたいならぜひ、レバテックフリーランスなど、「フリーランス向けエージェント」を活用してください。

40代の転職は転職エージェントに相談

40代の転職はハッキリ言って難しいです。転職のプロへの相談必須となりますから、ぜひとも転職エージェントの利用を行ってください。

キャリアコンサルタントに、今までどんな業務に携わり、どんなスキルを持っているのかを説明して自分の希望を伝えましょう。

レバテックキャリア

キャリアコンサルタントの質が高いことで有名なのが、レバテックキャリアです。

レバテックキャリアに在籍しているキャリアコンサルタントなら、40代だろうとあなたの希望通りの転職を導いてくれるはず。キャリアコンサルタントが若くてフランクだと感じるかもしれませんが、そこは40代の転職、我慢しましょう。(笑)

レバテックキャリアは、他エージェントと違いIT・WEBに特化した転職エージェント。高い質を誇るキャリアアドバイザー、手厚い個別相談会など、他のエージェントとは違うスタイルであなたの転職をアシストします。

まとめ

40代のSEは、転職がハッキリ言って難しいです。

転職活動において大事なのは何より「若さ」ですから、若さに代わるほどの強いスキルをアピール出来ないと、転職活動はうまくいきません。あなたが今まで培ってきたスキルを、面接などですべて出してください。