SEを辞めたいなら無理せず転職してより良い未来を掴みましょう

SEはハッキリ言って、他の仕事とくらべても「激務」です。

これほど転職が盛んに行われており、人事が流動的なのは、何より「勤務環境が悪い」ことが多いからにほかなりません。

ですから今現在あなたが、「SEを辞めたい」と思っているとしても、何も不思議なことはないのです。

SEを辞めたいと思っているあなたへ

今これを読んでいるあなたはきっと、「SEを辞めたい」と考えているはず。

慣れ親しんだ職場から離れたいと思っているのには、それ相応の理由があるはず。辞めてしまいたいとそう思うに至る理由も、きっと様々でしょう。私はその判断、きっと間違っていないと思っています。若い方が有利な転職市場。個人的には、一秒でも早く転職活動を始めることをおすすめしたいです。

SEの仕事に耐えた結果未来はあるのか

今SEを辞めたいと思っているが、その辞めたい気持ちを「逃げ」だと判断して、耐える判断をしたとします。

しかしその我慢の先には、何か良い未来が見えるでしょうか。現在の仕事で無駄に時間を浪費して、大したスキルが身につかないまま転職しても、乏しいスキルでは転職活動はうまくいきません。

無理して過酷な仕事場で働いても、メンタルや体を壊してしまっては意味ありません。どうしてあなたが、好きでもない職場で無理して働いて、倒れてしまわなくてはならないのでしょう。

やはり私はどう考えても、今SEを辞めたいと思っているあなたは転職するべきだと思います。

どうしてSEを辞めたいのか

ここであなたが考えるべきなのは、今あなたはどうして「SEを辞めたい」と思っているのか。という問題です。この答えを出さないと、あなたが取るべき対処法もわからないままです。

デカルトも「難問は分割せよ」という言葉を残しています。あなたの「SEを辞めたい」気持ち、分割していきましょう。

給与が低い?

やはり働く最大の意義は「お金」です。

いま働いている職場が、あなたのスキルや能力を買い取って、その対価を支払う。これが仕事です。自分のスキル、犠牲にした時間に見合わないお金しかくれないとしたら、今の職場は良い職場と言い難いです。給与が低いのは、十分に転職するにふさわしい理由です。

残業時間が長い?

下請けの下流SIerなどに多いのが、「長い残業時間」です。SEという仕事柄、ある程度の残業時間はあるものかもしれませんが、その残業時間があまりにも長いと、あなたの仕事への満足感は著しく低くなってしまうでしょう。

スキルが身につかない?やりがいがない?

実は無視できないのが、「やりがいがない」からSEを辞めたいと考える人達です。

「自分の思うような開発ができない」
「思っていた仕事と違った」
「Excelばかりいじらされる」

など、仕事内容に満足していないSEは多いようです。得てしてこういう人たちは、それなりの給与があり、それが転職の判断を鈍らせる原因となっているようです。

ですが、私はこの場合も、取り返しのつかなくなる前の転職をおすすめしたいです。

現在のSE職に満足していないなら「転職」を

今SEを辞めたいと思っているなら、積極的に「転職する」判断を検討するべきです。

転職で年収アップを狙いましょう

今現在のSE職で「年収が低い」と思っているあなたは、「年収アップ」を目的に転職するべきです。

転職することで年収が上がるSEの数はとても多いです。

下流SEなら上流SEへの転職、大手メーカーの社内SEへの転職、最近盛んになってきているWEBエンジニアへの転職など、年収アップへ繋がる道筋はとても多いです。

残業時間の短い社内SEへの転職

どの企業で働くかにも依りますが、基本的に社内SEの残業時間は短めです。

受注してシステム開発を行うSEに比べて、「納期」のノルマがなく、のんびりとシステム開発を行うことができるからです。

残業時間が長いことに悩んで、SEを辞めたいと思っているならば、社内SEへの転職がおすすめです。

スキルを身につけたいならBtoCのWEBエンジニアに転職

「今の仕事はやりがいがない」と思っているSEは、もっとやりがいがあるエンジニア職を探しましょう。

私がおすすめなのは、BtoBではなくBtoCのシステム開発を行う「WEB系エンジニア」です。スマートフォンアプリや、WEBプログラム開発を行うエンジニアならば、企業向けシステムとは違う「やりがい」を感じながら仕事できるはずです。

とにかく転職エージェントで相談

「SEを辞めたい」と思っているあなたがやるべきなのは、とにかく「転職エージェントに登録する」ことです。

転職エージェントには、過去あなたのような人の悩みをたくさん聞いてきている「キャリアコンサルタント」が多数在籍しています。キャリアコンサルタントに相談して、自分が今後どうするべきなのか、一緒に考えてもらってはいかがでしょうか。

転職なら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
SEを辞めたいと思っているあなたが利用するべきなのは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、転職エージェント業界でも大手。リクルートが持つ独自のパイプで、多くの非公開求人を抱えています。求人がIT業界に限らないことから、別業界への転職も可能です。

リクルートエージェント在籍の、百戦錬磨のキャリアコンサルタントに、あなたの今後を相談してみてください。