フィールドエンジニアに転職!必要なスキルは?どんな人が向いている?

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは、直接クライアントの勤務先に赴き、顧客の要望を実際に聞き、その要望に対応するのが仕事のエンジニア。

実際にクライアントの元へ言ってそこで要望を聞く…となると営業と少し似ています。実際クライアントからは、「会社の代表」という認識を持たれてしまうこともあるでしょう。当然クライアントとの適切な会話を行う「コミュニケーションスキル」は必須。

しかしれっきとした「エンジニア」でもあるフィールドエンジニアには当然、「専門知識」も求められます。客先と、開発企業をつなぐ「架け橋」となる存在。それが、「フィールドエンジニア」という仕事です。

フィールドエンジニアへの転職を成功させるには、どんなことを把握しておく必要があるのか。フィールドエンジニアという仕事について、深く理解しておきましょう。

フィールドエンジニアという仕事

まずはフィールドエンジニアという仕事について、理解を深めておきましょう。フィールドエンジニアへの転職を考えるのは、その後です。

フィールドエンジニアの基本業務

フィールドエンジニアの普段行っている、基本業務から。

設置

クライアントの仕事場に、自社製品を設置して、製品の動作環境を整えます。配線、ソフトウェアの導入、利用方法のレクチャーなどに行います。実際に製品が動く環境での動作環境を確かめた時点で、製品の設置は終わりです。

保守

製品の設置、導入を行ったらフィールドエンジニアの仕事は終わり、というわけではありません。

製品稼働中には必ずと言っていいほど起こる「トラブル」。このトラブル対応を行うのも、フィールドエンジニアの仕事です。このメンテナンスやサポートには、当然エンジニアとしての「専門知識」が求められる部分です。

また、改善が終わった後も、「どうしてこのトラブルが起こったか」「どうすればトラブルが今後起きないか」まで考えるのも仕事です。

修理

クライアントは自社製品が動かないと仕事になりません。その顧客の仕事を止めないために、フィールドエンジニアは適切な対応を行う必要があります。迅速に、すばやい原因解明を行って、問題解決に挑む必要があります。

フィールドエンジニアのやりがい

様々なハードウェアを扱う仕事の多いフィールドエンジニア。扱うハードウェアの中には、最新のハードウェアも含まれています。

仕事の中で最新のハードウェアに触れることができるのは、フィールドエンジニアにとって強いやりがいとなるはず。そして、様々なクライアントの元仕事をすることで、仕事が増えるたびに新しい知識と経験が手に入る、その仕事への充実感もフィールドエンジニアならでは。

他のエンジニアとは違う、クライアントと直接話しながらの仕事は、感謝の言葉を聞けるのも嬉しいポイントですよね。

サービス業に近いなんて声も

営業と同行して製品の売り込みまで行うことのあるフィールドエンジニア。顧客と会話することも多くなるため、時にその仕事は「サービス業だ」なんて言われることもあります。

技術一本で仕事するエンジニアも多いなか、フィールドエンジニアはかなり顧客との関わりの中仕事するエンジニアのようです。しかしだからこそ、前職が営業職だった「未経験」の方でも、フィールドエンジニアへの転職を行う余地があるということです。

フィールドエンジニアの年収

全年齢帯、性別も関わりなく調べたところ、フィールドエンジニアの年収は、「456万円」となっているようです。

当然のことながら、「できる仕事」が多いほど、年収が上がっていきます。フィールドエンジニアとして高い年収をもらいたいならば、早い段階でスキルアップできるようにしておきましょう。

フィールドエンジニアへの転職

さて、ここから具体的に、フィールドエンジニアへの転職を成功させるという観点から情報を見ていきましょう。

フィールドエンジニアへの転職を成功させるには、どんな情報を知っておく必要があるのか?

フィールドエンジニアに向いている人

まずは、外に出てクライアントと会話しながら仕事する仕事、フィールドエンジニアという仕事が向いている人の特徴からみていきましょう。

前向きなメンタルの持ち主

フィールドエンジニアは、あちこちの顧客先へ出向いて細かい要望を聞き入れる仕事です。

顧客のトラブル発生に、落ち着いて対応する際には、「前向きなメンタル」が必要不可欠。トラブルは深夜に起こることだってあり得ます。その際にも、「よーし!」とやる気になるエンジニアでないと、フィールドエンジニアは務まらないかもしれません。

人から直接感謝されたいエンジニア

エンジニアといえば、オフィスで一人カタカタとパソコンに向かっているイメージが強いかもしれません。実際そのように仕事しているエンジニアも少なくありません。しかし、フィールドエンジニアはそうもいきません。

外を動き回って、いろんな人と話して、その中でエンジニアとしての仕事を行います。

ですがその代わりとも言えるのが、クライアントから直接もらえる「感謝の言葉」。エンジニアとして働く中で、クライアントからの直接感謝の言葉をもらいたい。そんな「外向的」なエンジニアには、フィールドエンジニアの仕事がピッタリです。

フィールドエンジニアへの転職で役立つ資格

フィールドエンジニアへの転職を成功させるために、持っておくとその転職がうまくいきやすくなる資格。その資格についても説明しておきます。

MCP資格

すべての機器に通用する資格ではありませんが、フィールドエンジニアのしごとにはこの、「MCP資格」を持っておくと役立つでしょう。この資格はMicrosoft公認の資格ということで、Microsoft製品や技術に関する知識を裏付ける資格です。

この資格があるだけで、フィールドエンジニアとして広い現場で働くことができるようになるはずです。

まったくの未経験でもフィールドエンジニアへの転職は可能?

フィールドエンジニアの仕事の重要度、その会社でのフィールドエンジニアの立ち位置にもよりますが、未経験でもフィールドエンジニアの仕事に挑戦することは可能です。

何よりフィールドエンジニアはコミュニケーション能力が重要な仕事。コミュニケーション能力に自信のある方なら、MBP資格などを取り、実業務の中でハードウェア知識を高めていくことも可能です。

問題は、どれだけフィールドエンジニアという仕事に真剣になれるか、そこが重要です。

まとめ

クライアント先まで赴いて、クライアントが抱えているトラブルなどの問題を解決するのが、フィールドエンジニアの主な仕事。クライアントから適切に要望を聞き出すことを求められることもあり、仕事のなかでコミュニケーション能力がかなり重要なスキルとして扱われます。

未経験でもフィールドエンジニアへのチャレンジは可能なので、未経験でも積極的にチャレンジしてみてください。