社内SEに転職!必要なスキルは?どんな人が向いている?

社内SE

SEの転職理由の多くが、「キャリアアップ」や「スキルアップ」などを目的としている場合が多いです。

現在働いている多くのSEが、「毎日同じことをしている」と思いながら仕事しています。もっと大規模な開発や、違う分野の開発も行いたいと思っているものの、現在の業務ではそれがかなわない…なんて人が多いです。

そんな方にこそ、私は転職をおすすめしたいです。

そして今回は、SEの中でも人気の高い「社内SE」への転職を考えている方に向けて、情報を集めてみます。

社内SEの転職事情

まずは、社内SEに絞った転職事情から調べてみることにしましょう。

エンジニア全体で、社内SEの需要はどれほどなのか?そもそも社内SEはどれくらいの年収をもらっており、社内SEという仕事は将来性のある仕事なのか?

ここでしっかりおさらいしておきましょう。

社内SEの基本業務

まずは、社内SEが一日でどんな仕事をしているのか?から見直していきましょう。

SIer勤務のSEと何が違うのかにも、注目して考えていきましょう。

社内SEの仕事は「社内のシステム作り」

社内SEが行うのは、社内の業務で必要なシステムを開発することです。組織内の問題を洗い出して、どんなシステムを作ればその問題を解決できるのかを考えます。

そしてそのシステムを企画し、設計、実際に開発。当然社内SEとしてそのシステムの保守運営まで行います。必要があれば随時そのシステムを改善、拡張も続けます。

社内の状況を隅々まで理解しておく必要があるため、社内SEは社内のいたるところに精通している必要があります。企業ごとに求められる「業界の専門知識」と同時に、「システム開発」における専門知識も必要です。社内SEは、会社内においてかなり重要なポジションであるということになります。

社内SEの需要は?

社内SEの需要は、ハッキリ言って「膨大」です。IT技術を無縁で経営が進められていく企業なんてあるはずがありません。絶対に需要があるのです。

しかし社内SEの求人情報を見てみると、それほど求人数自体は多くありません。それは、社内SEとしての需要が「潜在的」であることが理由です。

必要とされているが、その需要が明るみに出ていない。それが社内SEです。

社内に教育システムができていない

どうして社内SEの需要が潜在的なのか。その理由はいくつかあります。

まず、社内の上層部の人間がITに疎く、システム開発に関して知識がないことが多いです。どのようにIT技術を社内に取り入れるのか理解していないと、社内SEを自社内で雇用することはないですよね。

そして仮に社内SEを雇ったとしても、そのSEを教育するシステムが無ければ、後任も育ちません。即戦力の人間を雇っても、IT知識がその人たちだけのものとなるため、IT知識に偏りが出てしまいます。

社内SEの年収は高い?

社内SEの年収は、およそですが男性で562万円、女性で463万円という情報が出ています。

とはいえ、他のエンジニア以上にこの「平均年収」はあてになりません。なぜなら、社内SEとして勤務する企業規模、任される仕事により年収はまったく変わってしまうからです。

より大規模な会社で社内SEの勤務を行えば、それだけ多くの給与をもらうことができるでしょう。その逆も然りです。

年収アップを狙って社内SEへの転職を考えている方なら、年収の情報は事前にしっかり注目しておく必要があるでしょう。

社内SEへの転職

ではここからは、具体的に社内SEへの転職を行うという観点から考えていきましょう。

社内SEになるためには、どんなスキルが求められるのか。社内SEとして働くためには、何か資格が必要なのか。社内SEへの転職を成功させるには、どんなことを知っておく必要があるのか?調べてみましょう。

社内SEの適性が高い人

まずは、社内SEへの適性が高い人の特徴をみていきましょう。

これを見て、自分がSIerと社内という限られた場所、どっちでSEとして働くべきなのかよく考えてみてください。

一つの業界でどっしりとコシを据えたい人

SIer勤務のSEは、色んな企業からの以来で様々な業界、業種のシステムを開発することになります。

そのため、自然と色んな業種の知恵がつくので、その都度新鮮味を感じるでしょう。

対して社内SEは、一つの企業内でずっとシステム開発、運用保守を行うため、携わる業界は一つです。「色んな業種に関わって開発を行いたい」ならばSIer勤務のSE、一つの業界にどっしりと腰を落ち着けていたいならば社内SEを選んでください。

ユーザーからのフィードバックがすぐに欲しい人

当然、社内SEは開発したシステムのフィードバックをもらうまでの時間が短いです。ユーザーとの距離感で言えば、WEB業界のエンジニア以上でしょう。

この「ユーザーとの距離感」が、近ければ近いほどいいと考えているSEにとって、社内SEはとても働きやすい環境でしょう。

自分が求める「ユーザーとの距離感」。もう一度考えてみてください。

社内SEへの転職で役に立つ資格

社内SEとして働く時、どんな資格を持っておくと有利なのか。考えてみましょう。当然、IT知識を裏付ける資格は、多く持っていれば持っているほど有利です。

プロジェクトマネージャ試験

外部のベンダー企業と連携してシステム開発を行うことが多い社内SE。

外部のベンダーとの連携を取る上であると有利なのが、「プロジェクトマネージャ試験」の資格です。外部のベンダーの作業進捗状況の管理から、外部のベンダーへの指示を行うまで、プロジェクトを統括する上でこの資格が役立つ部分は大きいです。

もちろん、社内でシステム開発が完結する場合でも、この資格があればプロジェクトの進捗がとてもスムーズとなります。

基本情報技術者試験/応用情報技術者試験

この「基本情報技術者試験/応用情報技術者試験」は普遍的な資格で、取得もそれほど難しくないため、アピールとしては少し不十分ですが、持っていて損はありません。

ITの基礎から応用まで一通り精通しているアピールは、できるに越したこともありません。少しでも早く持っている方が有利なので、20代のうちに取っておくことをおすすめします。

情報処理安全確保支援士試験

現在多くの企業が危惧しているのが、「情報流出」また「外部のハッキング」などです。

社内SEとして、「セキュリティを強化」するためのシステム開発を求められるケースが多いですから、この「情報処理安全確保支援士試験」をクリアしておき情報セキュリティに明るいことをアピールするのはかなり有効です。

未経験で社内SEへの転職はどうすれば?

社内SEはその性質上、「社内SE経験者」が求められています。

しかし、中には「未経験OK」の求人も存在します。過去システム開発経験、そしてプログラミング知識、経験があれば未経験でも転職可能です。

問題は、どれだけ高いスキルがあるかということです。

社内SEへの転職が可能なのは何歳まで?

ネット上の情報を見ていると、社内SEへの転職は35歳まで…なんて意見を目にします。

確かに日本企業は、「転職は若いほうが有利」という風潮が根強いです。日本社会は上下関係の縛りが強いため、年下のほうが御しやすいという思いが強いのでしょう。

しかし広いITエンジニア業界、どれだけ年齢を重ねていても、必要としてくれる企業はぜったいにあります。年齢を重ねた分、多くのスキルを持っているというアピールをしてください。

まとめ

SEの中でも人気の高い社内SEの転職事情を説明しました。

人気の秘訣はやはり、システム開発後のフィードバックが早いこと、一つの現場に深く腰を落ち着けて開発できることでしょう。

社内SEの需要は潜在的で、求人情報の見極めも難しいですが、しっかりと自分にあった求人を見極めてください。