社内SEに転職!おすすめの業界は?

ビジネスシーン

「社内SE」と言えば、SIerなどIT業界企業ではない、別の業界に勤務するSEのことです。

融通の効かない勤務、長い残業時間、度々訪れるデスマーチなど、とても働きやすいとは言い難いSIerで働くよりもずっと働きやすいとして、別業界の社内SEとして働くのはいつも人気の転職先です。

とはいえ、「別業界」と一言で言ってもその選択肢は膨大。いざ「社内SEに転職する!」と言っても、どの業界で社内SEへの転職を行うのが正解なのでしょうか。社内SEとして働くべき業界について考えていくことにしましょう。

そもそも社内SE以外の転職先はどうなのか?

最近ネット上などでよくSEの転職先は社内SEで決まり、みたいなことがよく言われています。

しかし、社内SE以外の転職先はそんなにダメなのでしょうか?もう一度、社内SE以外の転職先についておさらいしてみましょう。

web系SEは激務

このサイトでも、「プログラミング、システム開発したいSEは、WEB系企業に転職!」と言っています。

しかしWEB系企業や広告系ITベンチャー企業は、最近ぐんぐん業績を伸ばしており、企業の数も右肩上がりで増えています。しかし、一つ注意してほしいのが、WEB系企業の多くが「激務」であるということ。

確かに、「コーディングしまくって、スキルアップしたい」「ウォーターフォール型ではないアジャイルなシステム開発を行いたい」と思っている方の願いは叶うかもしれません。

しかし、激務な割に、SIer勤務時代とくらべてWEB系企業の年収は低いことが多いです。現在より激務な勤務環境、それに見合わない収入に耐えられる人だけ、WEB系企業への転職を行ってください。

ITコンサルタント

他企業へのアドバイスを行うことで、客先のITソリューションを高めるのが、ITコンサルタントの仕事。

高いスキルが求められることもあり、多くのIT従事者の憧れの職業です。お客さんの課題に対応するために自社システムを売り込む、営業のような側面もあります。高いITスキル、そして何より問題解決能力、さらに営業力とコミュニケーション能力が求められる仕事です。

しかし、営業力ばかり上がり、ITスキルが上がらない、という側面も。高い営業力のあるITコンサルタントなら、多くの報酬をもらうことができる仕事でもあります。

同業他社SE

別のSIerに転職するという選択肢も、もちろん存在します。いわゆる同業他社です。

しかし、あなたのSEとしてのスキルを活かせない企業への転職を行ったとしたら、年収が現在の額より少なくなってしまうという注意点も頭に入れておいてください。

「現在の勤務環境を改善したい」と思っているSEには、賢い選択とは言えません。

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアは、企業に在籍せず、自分ひとりの力で仕事を取ってくるエンジニアです。

フリーランスエンジニアの良いところは、仕事さえとってこれれば、報酬は全部自分のもの。フリーランスエンジニアの仕事の平均年収が800万円と言われていることからも、年収の高さは明らかです。

フリーランスエンジニアは、上手にやればかなり稼げますが、仕事案件をとってこれなければ無一文になってしまうという、かなりリスキーな仕事でもあります。

フリーランスエンジニア専門のエージェントもあり、最近ではフリーランスでも働きやすくなっているのですが…。

レバレジーズ株式会社が運営する、フリーランス専門のエージェントが「レバテックフリーランス」です。案件の単価の高さがレバテックフリーランスの強みで、今の年収で満足していないサラリーマンの多くが、レバテックフリーランスでフリーランスエンジニアとしての道を歩んでいます。

社内SEにも二種類ある

社内SEと言っても、実は二種類存在しており、それぞれの社内SEに特徴があります。

それぞれの社内SEの違いを説明していきましょう。

内製型社内SE

社内SEとしては一般的な「内製型社内SE」から。

自社で使うシステム開発を、自社内で完結しようというのが内製型社内SEです。SIerの場合外の企業に外注しようと言うところ、内製型社内SEは社内でやろうと言うだけです。

要件定義、基本設計まで行い、パートナー企業と一緒に詳細設計と製造、テストまで行います。納品する企業は自社なので、条件はかなりゆるいです。プロジェクトの進捗管理から品質管理まで、SIerのシステム開発と比べるとかなりゆるいので、のびのび仕事できるのです。

コスト削減にも繋がるので、多くの大企業が内製型社内SEを抱えています。

外注型社内SE

外注型社内SEは、自社システム開発を他社に開発してもらうSEのこと。

外注型社内SEが行うのは、要件定義と簡単なテストだけ。上がってくるシステムに大きな問題が無ければ、ほとんど仕事がなかったりします。とてもホワイトな環境で働くことができるでしょう。

友人がこの外注型社内SEとして働いていましたが、「暇すぎる」という理由で転職したほどです。

もっともホワイトなのが外注型社内SE

ホワイトで働きやすい社内SEを目指している方は、二番目にご紹介した外注型社内SEへの転職をおすすめします。

一つ外注型社内SEの欠点を言うとすれば、システム開発のスキルがあまり上がらないということくらいでしょうか。

自分が、仕事においてワークライフバランスを求めるのか、もう一度考えてみてください。

年収アップを狙うなら金融系社内SE

社内SEになりたい、という気持ちと、年収アップを狙いたい、という気持ちが併存している方には「金融系の社内SE」がおすすめです。

基本的に金融業界の平均年収は、他業界とくらべて高くなっているため、金融業界の社内SEとして働くと、現在の年収より100万円ほどアップを狙えるでしょう。

まとめ

最近人気の「社内SEへの転職」ですが、社内SEの転職だけでも選択肢があります。

自分に一番あった社内SEへの転職を行って、自分の将来をより良いものにしましょう。